「美食探偵・明智五郎」でキスシーンがやばい?!何があったのか6話感想!

ドラマ




とうとう明智とマリアのキスシーンが!苺の目の前でなんて衝撃的でやばい!

 

第6話は、なんとドラマのラストシーンリモートで撮影されたということでも話題になった中村倫也さん主演ドラマ「美食探偵-明智五郎-」。

しかし、そんな斬新な演出が見られたことよりも、明智の恋に進展があったことにドキドキが止まらない中村倫也さんファンも多いようです。 

今回は、気になる「美食探偵・明智五郎」第6話のキスシーンに関する情報をお届したいと思います。

・明智とマリアのキスが凄いとはどんな状況だったの? 

・直接対決でキスをした結末はどうなったの?感想も!

・キスシーンに関してネットでの反響

について触れていきたいと思います。

 

 

明智とマリアのキスが衝撃的とはどんな状況だったの?

明智は実家の百貨店を経営する母によって半ば強制的にお見合いをすることとなりましたね。

そこで、百貨店の役員である伊達(小市慢太郎さん)の手に落ちる事に!

 

囚われた明智が命を奪われようとする、まさにその時!

 

マリアが現れ、互いを求めあった2人は口づけを交わす事に・・・。

 

命がかかった緊迫の中でありながら、2人の世界を見せつけられて、見とれてしまいました。

炎に包まれる一刻を争う状況でのキスシーン

明智は、百貨店の役員である伊達(小市慢太郎さん)に、命を奪われようとしていました。

幼少期から自分に関わってくれていた人物である伊達に命を狙われるというのも寂しい心境でしたね。

 

手足を拘束された状態で、小屋に閉じ込められ、火を放たれる明智。

激しい炎に包まれる明智を目の前にして、助けようにも足がすくむ苺(小柴風花さん)

 

そんな彼女を横目に、颯爽と現れたマリアは炎の中へ悠然と飛び込んでいきました。

躊躇することなく燃え盛る小屋の中に入っていくマリア。

 

めちゃくちゃカッコいい!!

 

朦朧とする意識の中で、マリアの犯行だと一瞬でも疑ったことを後悔する明智。

マリアに謝る明智ですが、

マリアはそんな明智に愛の言葉をつぶやきます。

手の自由が利かない明智は、目線でマリアにキスを求め、マリアは明智を包み込むようにキスをしました!

 

いやいやいや!

一刻を争う状況の中、そんなのいいから、早く救出しろよ!!

 

とは、思いましたが、あの瞬間、求め合わずにいられなかった2人の情熱や空気感がビシビシ伝わってきました。

殺人鬼と探偵、決してわかり合えないはずの2人が、どうしようもなく惹かれ合っていることを改めて実感させられましたね。

直接対決でキスをした結末はどうなったの?感想も!

明智とマリアは惹かれあっているものの、触れ合うことはほとんどありませんでした。

しかし、そんな2人がようやく顔を合わせ、初めてのキスをしたのです!!

燃え盛る炎が、2人の抑えきれない恋心を表しているかのような演出が、憎かったですね〜!

 

キスシーン自体は、それほど長かったわけでも濃厚だったわけでもないのですが、究極の非常事態でのキスという状況が、なんともセクシー…。

 

中村倫也さんの色気がダダ漏れの美しいシーンに、私も苺のようにあんぐりとしてしまいました。

 

マリアは、気を失った明智を救出し、苺に渡して去っていきます。

気を失う寸前まで、炎の中で2人はキスをしていたのか?!と想像させるラストにまた萌えましたね〜。

 

 

キスシーンに関してネットでの反響

やはり、中村倫也さんのファンは苺と自分を重ねて見てしまっている人が多いようですね。

マリアみたいなことはできない…というどうしようもない切なさを感じながらも、2人の美しい世界観に惹き込まれていく感じ、わかります…。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「「美食探偵・明智五郎」でキスシーンがやばい?!何があったのか6話感想!」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

残念ながら、「美食探偵・明智五郎」は、今回の放送を持って、一旦休止となりますが、休止前最後の放送内容としては最高だったと思います。

明智、マリア、苺、三者の恋心の矢印がハッキリと明らかになり、今後の展開がいよいよ気になってきましたね。

いつになるかわかりませんが、もう一度、明智五郎に会えるまで私は待ち続けますよ!!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!