映画「ボヘミアンラプソディ」のテレビ放送は吹替と英語どっちで見た方がいい?音声や字幕への切替方法も解説

映画




映画「ボヘミアンラプソディ」

 

イギリスやアメリカでも大ヒットを記録した超話題作。

「ボヘミアンラプソディ」がいよいよ地上波初放送となります。

 

 

でも、洋画を見る時は、

 

「英語の音声で見たほうが面白いのかな?」

 

そう疑問に思った事はありませんか?

 

洋画の地上波放送はそのままだと吹替になりますからね。

そんな疑問の解消になればと思います。

 

ここでは、

・「ボヘミアンラプソディ」の地上波放送は吹替と英語音声どっちで見た方がいいの?

・「ボヘミアンラプソディ」を吹替で見たほうが良いのはこんな人

・「ボヘミアンラプソディ」を英語音声で見たほうが良いのはこんな人

・金曜ロードショーの吹替を英語音声と字幕に切り替える方法

について触れていきたいと思います。

 

 

「ボヘミアンラプソディ」の地上波放送は吹替と英語音声どっちで見た方がいいの?

「ボヘミアンラプソディ」のテレビ放送は吹替と英語音声どっちで見た方がいいのか?

洋画を見るにあたってこの点はいつも悩んでしまいますよね。

 

ぶっちゃけて言っちゃうと、

英語や字幕に抵抗が無ければ間違いなく

 

「英語音声で字幕版がいいです!」

 

それはなぜなのか!

伝説的なバンド・クィーンのボーカルを務めたフレディがイギリス出身だからです。

 

そして、物語の舞台もイギリスなので

吹替えよりも字幕の方が圧倒的にリアリティがあります。

 

それに物語終盤には実際のフレディおよびクイーンの映像も流れるので、これを吹替えで見るなんて勿体ないです!

 

しかし、字幕を見ながら作品にも集中するなんて器用な事は出来ない!

と、いう人には吹替え版を断然オススメします!

 

 

個人的には気軽に見たい作品は吹替で。

 

面白さに期待する作品は英語音声に切り替えて字幕で見ています。

 

洋画なんで作品本来の持ち味や面白さを楽しむなら字幕版が一番ですね。

 

ただ、全ての人が英語や字幕追いかけながらの鑑賞が得意という訳でもないと思います。

 

そんな人には吹替えでの鑑賞が合っていて、落ち着いて作品を楽しめますよ。

どちらで見たとしても作品の素晴らしさや面白さが損なわれるわけではないので、あなたの楽しめる見方を探してみて下さいね!

 

「ボヘミアンラプソディ」を吹替で見たほうが良いのはこんな人

 

吹替えで見た方がいい人は

ズバリ気楽に作品を楽しみたい人です!

 

「そもそも英語があまり得意でない」

「ぶっちゃけ字幕見ながら映画を楽しむなんて無理・・・」

 

と、いう人も多いはず。

 

僕も普通に見たい映画の場合は吹替で見てます。

 

やっぱり吹替は楽に見れますからね。

金曜ロードショーは、ほとんどの方がそのまま見ているでしょう。

 

後は、自分の好きな声優さんや俳優さんが吹替えを担当している場合ですね。

 

聴いているだけで耳が幸せになりますよね(笑)

 

登場人物と声が合っているか。

場面場面で違和感など感じないか等。

 

吹き替えだからこそ楽しめる事があるのもキーポイントです。

 

まぁ、実際慣れてないと字幕も見ながら作品も楽しむって少し難しいですよね。

英語に堪能だったり、そもそも洋画は字幕派って人ではない限り(笑)

 

なので、英語や字幕にチョット抵抗がある、

楽な気持ちで作品を楽しみたい人には吹替えが一番合っています。

 

 

「ボヘミアンラプソディ」を英語音声で見たほうが良いのはこんな人

 

「ボヘミアンラプソディ」を英語音声で見たほうが良いのはどんな人でしょうか?

 

それは、作品本来のオリジナリティを重視する人におススメしたですね。

 

僕はこちらのタイプです。

 

 

「この映画は絶対おもしろいヤツ!」

 

そう思った作品は英語音声と字幕で見ます。

 

やっぱりオリジナルの空気感を味わいたいんですよ。

そう思いませんか?

 

あのクィーンのライブ映像や音楽を吹替えで聴くなんて

楽しさも半減してしまうと思うわけ(笑)

 

洋楽好きな人、

クィーンのファンなら間違いなく「英語音声一択」ですよね!

 

特にラストの実際の映像なんて

「本人が生で歌っている」わけなので、これはオリジナルのまま楽しみたい!

 

吹替えは言ってしまえば日本向けに編集されているようなものです。

洋画本来の姿とはチョット言い辛いです。

 

洋画好きな人の中には英語があまり得意でなくても、

オリジナリティ重視で敢えて字幕版を選ぶ人もいる程です。

 

それに、吹替えと違って

登場人物の声の違和感やズレがないのもポイント高いですよね(笑)

洋画ファンの人はこの辺りも結構気にする人が多いですし。

 

特に吹替え担当の人物にそれほど注目していなくて字幕にも抵抗を感じない人なら尚更ですね。

 

何と言っても洋画の魅力の一つは吹替えなしの作品そのままのクオリティにあります。

加工が施されてしまっては厳密にはオリジナルとは言い難いですもんね(笑)

 

洋画ファンなら字幕一択で決まりだと思います。

 

それにネイティブな発音も聞けるので英語を勉強中の人や学生さんなら一石二鳥で作品を楽しめますよ!

僕には無理でしたが(笑)

 

なので、作品本来のオリジナリティを重視する人や生粋の洋画ファンの人なら間違いなく字幕版を推します!

金曜ロードショーの吹替を英語音声と字幕に切り替える方法

吹替えを英語音声と字幕に切り替えるのはとっても簡単です。

まず手元にテレビのリモコンを用意して下さい。

 

そして確認してほしいのが「字幕」「音声」というボタンがあるかどうかという事です。

 

もしあるようなら放送が始まったらその二つのボタンを押すだけです。

もし、ボタンがないようならリモコンのオプションまたはサブメニューから放送オプションで音声切り替え・字幕切り替えを選べば大丈夫!

 

まぁ、このパターンはあまりないので基本はリモコンの「字幕」「音声」を押すだけでOKです。

 

後、注意点が二つ。

そもそも切り替えをするにあたっては、放送される番組が二か国語に対応している事・字幕放送である事。

そうでないとボタンを押しても切り替わらないので注意して下さね!

 

とは言っても、放送開始された時に画面の右上辺りに2か国語・字幕と表示されるので確認して見て下さい。

切り替え自体は簡単なので、是非あなたに合った楽しみ方で今作を楽しんで下さいね!

 

「ボヘミアンラプソディ」の英語音声や字幕について見た人の意見や感想

 

ボヘミアンラプソディの地上波放送をそのまま吹替で見るのか?

英語音声に切り替えた方がいいのか?

 

迷っている声もかなりありますね。

 

でも、「英語にした方が活きる」

そんな声もやっぱりあります。

 

「英語音声+字幕」で見ると言い切っている人も多いですね。

さすがですね!

 

何で上から目線(笑)

 

今作はやっぱり英語音声で見てほしいなぁ!

オリジナルのライブ感を味わってほしいです。

 

録画しておいて、

また見たくなったら気軽に吹替で見るというものいいと思うんです。

 

初見は英語音声+字幕。

2回めは吹替。

 

2度美味しい楽しみ方だと思いませんか?

 

あと、勉強で英語音声のみで見るという方も結構います。

 

僕も久しぶりにチャレンジしてみようかな♪

 

今作ならなんとなくでも楽しめそうですしね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「ボヘミアンラプソディ」のテレビ放送は吹替と英語どっちで見た方がいい?音声や字幕への切替方法も解説』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

洋画を見る時はいつも字幕か吹替えかで悩んじゃいますよね。

でも、最近では簡単に字幕と吹替えの切り替えも出来たりするのであなたに合った見方を探してみて下さいね。

 

次の金曜ロードショーは名作「グーニーズ」!

でも、めっちゃ古いから「面白いのかな?」と疑問に思ってませんか?

映画「グーニーズ」は今見ても面白いの?古すぎてつまらない?楽しめるポイントも解説

 

まもなく公開のるろうに剣心「最終章」!

興味ありませんか?

映画るろうに剣心「ビギニング」は窪田正孝が有村架純の許嫁役?実は1作目から出てたって本当?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る(映画の新着情報もこちらから)