映画惡の華の玉城ティナ(仲村佐和役)は統合失調症?演技力の評価感想についても

映画




こんにちは。かみずです。

映画「惡の華」

漫画連載され人気となり、後にTVアニメ化、さらに舞台化もされた話題作です。

今回はとうとう実写映画化となりました。

 

この「惡の華」鬱屈した青春と行き場のない衝動を描いた物語となっています。

主人公・春日高男伊藤健太郎さんが演じます。

 

「春日」はボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい日々を過ごす中学2年生。

 

そして、この「春日」の弱みを握って支配しようとするのが玉城ティナさんが演じる「仲村佐和」になります。

この「仲村」ですが、ちょっと普通の女子中学生ではありません。

いや、ちょっとどころじゃないんです。

もう別次元の存在と言ってもいいぐらい凄いんです。

ここでは、

・惡の華でキャストの玉城ティナが演じる仲村は統合失調症なの?

・玉城ティナが演じる仲村佐和の演技はどうなの?

・映画を観た人の玉城ティナへの感想はどうなの?

について触れていきたいと思います。

 

惡の華実写でキャストの玉城ティナが演じる仲村佐和は統合失調症なのか

本作で玉城ティナさんが演じる仲村佐和という人物は個性的という範疇を超えたぶっ飛んだ性格のキャラクターです。

 

「うっせー クソムシが」

先生に対しての発言です。

 

こんな言葉、普通は絶対言えないですよね。

そして、言葉のみならず行動も周りからは異常とも言える奇行。

深夜に同級生の家に侵入し、父親を襲撃!

 

そんな人格が破綻している状況から「統合失調症」という言葉が出てきているようです。

 

統合失調症とは何なのか

統合失調症とは、どのような病気なのでしょうか?

個人によって色々な症状が出現する病気です。

「妄想、幻覚、思考障害、感情鈍麻、思考の貧困、意欲の欠如、自閉」という症状があります。

仲村佐和の言動当てはまる物が多いですね。

・周りの人間をクソムシと表現。

・自分は特別で別の場所に行けると思い込んでいる。
 (ここでは特別を変態と表現している。)

・発言、行動が理性的に見えない。

・他者の発言に共感する事はない。

・周りの人間とコミュニケーションをとる事に支障がある。

 

仲村佐和は本当に統合失調症という病気なのか

では、この仲村は本当に病気なのでしょうか?

言動、行動を見れば確かに正常とは言えないですよね。

 

でも、この作品で「伝えたい事は何なのか」を考えると、「病気の人物の思想や行動」を伝えたいという事ではないと思います。

 

登場するキャラクター達は中学生からという、思春期で人格形成の真っ只中。

未熟な思考、発達中の身体、経験不足からの悩み、周囲の環境への過剰の反応。

成長する過程で色々な壁にぶつかる時期です。

 

この仲村という女の子はどういう環境で生きているのでしょう?

 

幼少期に両親が離婚しているという事も彼女に影響していると考えます。

 

具体的に書かれているわけではないので、断言はできません。

同じような境遇の人はたくさんいますからね。

でも、母親がいない環境というのは大きなマイナスの要素が想像できます。

 

離婚に至るまでの両親の関係。

それを側で観ていた子供。

その後の母親が不在の暮らし。

父親との生活。

 

果たして、彼女を理解してくれる人は周りにいたんでしょうか?

 

「この世界には誰も自分を見てくれない」

 

そう感じて生きていたなら、もし彼女が自分だったら平静ではいられないと感じました。

皆さんはどう思いますか?

 

『自分以外の人間が全て「クソムシ」に見えている。

 そんな世界にただ一人ぼっちの自分・・・』

 

実写で仲村佐和役の玉城ティナの演技はどうなのか

そんな、ぶっ飛んだ役を演じる玉城ティナさんの演技はどうなのでしょうか?

 

美人でかわいらしい玉城ティナさん。

 

その口から「うっせー クソムシが」「ドロドロのグチャグチャ」と汚い言葉が・・・

 

見てみたい。

 

観てみたいですよね。

 

原作の押見さんは玉城ティナさんの仲村を観てこう発言されています。

『いやあ、最高でした。原作を描いているときも仲村さんに恋をしながら描いていたんですけど、映画を観たらまたイチから恋をし直したというくらい、好きになっちゃいました。』

原作者も納得の演技で「恋をしてしまう」ぐらい夢中になれたという事。

期待感が高まります!

「惡の華」実写を観た人の玉城ティナへの感想

惡の華の実写映画化に心配の声もありましたが、玉城ティナさんの演技素晴らしいという絶賛の声が多いです。

玉城ティナさんの魅力が開花したと表現する方もいますね。

この難しい役を体当たりで表現した事に拍手!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「映画 惡の華でキャストの玉城ティナは統合失調症の役なの?予告動画や感想をまとめ」でした。

少しでも参考にして頂けたら嬉しく思います。

 

今回、玉城ティナが演じる仲村は凄まじくぶっ飛んだ役です。

 

ですので、これまで観た事の無い玉城ティナが観れます!

 

ファンの方は必見ですよ!

 

ぜひ皆さん楽しんでみて下さい。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!