映画アス(Us)はR指定の年齢制限はあるの?対象年齢や子供でも見れる怖さなのかも

映画




映画アス(Us)。

ホラー映画、またはサスペンススリラーともいうようで怖いやつです。

子供と一緒に見るとしてもハードな内容だったら、教育的にもちょっと心配になります。

 

今回は、

・映画アス(Us)はR指定など年齢制限がある?

・映画アス(Us)の対象年齢の個人的見解

・ホラー映画として子供でも見れる怖さ・恐怖なのか

 

という事について紹介していきます。

 

映画アス(Us)はR指定など年齢制限があるのか

 映画アス(Us)「映倫R15+」となっています。

 15歳未満は閲覧禁止です。

 それぐらい、怖くてショッキングな描写があるという事ですね。

 「どうしても観たい」という子供たちは

 R指定を承知の上で両親や15歳以上の方にDVD、ネット配信を見せてもらって下さい。

 ※15歳未満のお子さんが鑑賞する場合は自己責任でお願い致します。

映画アス(Us)の対象年齢の個人的見解

R指定があるので、高校生以上が対象という事になります。

こちらの予告動画を観てみてください。

いかがでしたか?

予告動画だけでも流血表現や暴力表現が見られます。

ですので、中学生以下、ましてや小学生より小さなお子さんにはおすすめできません。

 

アスはホラー映画として子供でも見れる怖さ・恐怖なのか

怖さ、恐怖を表現するにあたり、映画を作成したジョーダン・ピール監督凶器「ハサミ」についても拘った内容を話しています。

ホラー映画では「ハサミ」がよく使われます。

監督が言っているように「ハサミ」についての表現に拘っており、それに伴い刺して流血する表現があります。

手足が吹き飛ぶようなグロいシーンは少なめと予想しますが、子供が感じ取れる恐怖とは少し違うかもしれません。

 

「映画の中の様々なものにメーセージを込めた」

ジョーダン・ピール監督は見る人に何かを感じ取ってもらいたい考えてもらいたいと作品を作ったようですね。

その事からも、大人に向けて作られた作品と考えて良いと思います。

ジョーダン・ピール監督ですが、前作品の「ゲット・アウト」という映画も話題になっているようです。

こちらの「ゲット・アウト」もアカデミー賞で受賞した作品となっています。

この「ゲット・アウト」も面白そう!

こちらも予告見てみませんか?

なんか、こっちもかなり面白そう・・・

ジョーダン・ピール監督は人種差別について、メッセージを作品の中に取り入れているようです。

そういうメッセージを考えてほしいというような内容が盛り込まれている事を考えても、大人向けと考えていいでしょうね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「映画アス(Us)はR指定などの対象年齢はある?子供でも見れるのか解説」でした。

R指定があるので15歳未満のお子さんは連れていけません。

そもそも吹き替え版の情報が見当たらないので、小さな子は理解できないでしょう。

大人向けと考えて観るようにして下さいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!