「すずめの戸締まり」は何歳から楽しめる?対象年齢や子供が見てもわかる内容か解説!

映画

映画「すずめの戸締まり」

 

新海誠さんの新作映画『すずめの戸締まり』2022年11月11日(金)に公開されます。

 

『天気の子』以来、約3年ぶりの新作ですね!

 

「新海ワールド」の虜となってしまった人にとっては、

この3年間は長く感じたことでしょう。

 

さて、『君の名は。』『天気の子』と歴史的にヒットした新海誠さんの映画。

 

不思議な出来事を通して成長していく

少年少女の恋愛がメインの作品でした。

 

背景など、非常に手の込んだ圧倒的な映像美も大きな魅力。

 

では、『すずめの戸締まり』はどのような物語なのでしょうか?

 

子供に見せるには

「ちょっと設定が重すぎる?!という噂もあります。

 

実際、本当に内容は重たいのでしょうか?

 

というわけで今回は、『すずめの戸締まり』の内容から対象年齢について。

そして、子供が楽しめるのかどうかを紹介していきましょう。

 

それでは、

・すずめの戸締まりの対象年齢は何歳くらいからなの?

・映画「すずめの戸締まり」は怖い?子供が見ても大丈夫な内容なの?

・すずめの戸締まりは子供と見た方がいい映画なの?

・「すずめの戸締まり」の内容についての評判!思ってたのと違う?!

について触れていきたいと思います。

 

 

すずめの戸締まりの対象年齢は何歳くらいからなの?

 

すずめの戸締まりの対象年齢は何歳くらいからなのか?

 

『すずめの戸締まり』は、

『君の名は。』『天気の子』よりも重たい設定です。

 

内容もけっこう難しい。

 

なので、過去作と比べると対象年齢は上がります。

 

内容をちゃんと理解出来るか?

 

そういったことを考えると、

最低でも小学生の高学年

 

無難なのは、中学生くらいからだと思います。

 

ですので12歳前後の子からが楽しみやすい対象年齢と考えます。

 

 

『すずめの戸締まり』は重たい設定と紹介しました。

 

というのも、東日本大震災を扱った作品なんですよね。

 

ヒロインが東日本大震災で

母親を亡くしてしまったという過去を持ちます。

 

これだけでも随分重いんですが、

物語全体の雰囲気も重たいんです。

 

青春を駆けるような明るい物語ではなく、

災害を防ぐ「閉じる」物語となっています。

 

正直、後半は特に暗いです。

 

そして、覚えなくてはならない用語もかなり多く出てきます。

 

大人でも少し覚えるのに苦労するので、

子供だとなおさら。

 

幼いと途中でよくわからなくなって

飽きてしまうかもしれません。

 

このような要素から、

最低でも小学生高学年からと紹介しました。

 

具体的な年齢を言うと、

12歳前後くらいから楽しめる映画でしょう。

 

 

小学1年生と3年生が見てどうだったのか?

僕には息子と娘がいます。

娘が1年生で息子が3年生。

 

二人とも「見たい!」と話すので

家族で見に行きました。

(特に1年生の娘がワクワク度高い)

 

1年生の娘も3年生の息子も

「楽しかった」と話しています。

 

細かい描写は理解できていませんが、

総じて「ネコが可愛かった♪」

 

後半に出てくるキャラが「めっちゃカッコ良かった!」

そんな感想でたのしめていました。

 

しっかり内容を理解できるのは高学年からでしょうが

小学校低学年でも感じ取れる部分がちゃんとあります。

 

 

 

映画「すずめの戸締まり」は怖い?子供が見ても大丈夫な内容なの?

 

東日本大震災を扱った作品。

そして、そこで主人公は母親を亡くしている。

 

廃墟が舞台になったり、あの世へ行ったり。

明るい要素が少ないです。

 

そう聞くと、「怖い映画なのではないか」と勘違いしてしまう人も多いでしょう。

 

これは否定させてください。

怖い映画ではありません。

 

もちろん子供が見ても大丈夫です。

 

むしろ、子供よりも

大人の方が怖いと感じるかもしれません。

 

今の大人たちは、

東日本大震災の衝撃的な瞬間をリアルタイムで見ています。

 

思い出すのもつらいという人も多いでしょう。

 

しかし、今の子供たちは当時の恐ろしさを知りません。

ネットが発展しているので、映像は見たことあるでしょう。

 

でも、現実味を感じることは出来ないはずです。

 

なので、アニメで東日本大震災の話をされても

怖いとは感じないと思います。

 

そして、『すずめの戸締まり』が過去作と比べて暗いとは言え、

「新海ワールド」のエモい描写はなくなっていません。

 

予告の短い動画ですらそうなので、

フルで見たら相当な仕上がりになっていると期待出来ます。

 

「新海ワールド」の映像美で怖い映画はむしろ難しい。

 

それよりも、どれだけエモく仕上がっているかに期待を寄せましょう!

僕はもう見る気満々で全力で待機しています(笑)

 

 

小学1年生と3年生が見た感想は?怖い感覚はあったのか?

小学1年生の娘と3年生の息子と一緒に見ました。

双方ともに落ち着いて見ていました。

 

でも、怖いのが特に苦手な息子の方が

前半の描写で上着で顔を隠しながら恐る恐る見るという状況がありました。

 

1年生の娘は食いつくように席を前のめりで見ていましたが

終わった後に話を聞くと

「最初のほう、怖かった・・・」

そう話していました。

 

小学生には少し怖いと感じる描写があります。

ただ、トラウマになるレベルではありません。

 

中盤以降はある程度、その怖い存在が

どんなモノかわかったからか没入感がさらに増したように感じました。

 

総じて、怖いよりも「面白かった」という感情の方が強く感じたようで

親としても一緒に見れて良かったと思っています。

 

震災表現は大人の方が刺さりますね。

 

すずめの戸締まりは子供と見た方がいい映画なの?

 

『すずめの戸締まり』は重い設定

 

専門用語も多いので、

最低でも小学生高学年からと紹介してきました。

 

しかし、ぜひ親子で見て欲しい映画でもあるんですよね。

 

なぜなら東日本大震災を扱った作品だから。

 

先ほど紹介した通り、

今の子供たちは東日本大震災の本当の怖さを知りません。

 

わざわざ被害の様子を見せる必要はないと思います。

 

しかし、知っておいて損はないでしょう。

 

『すずめの戸締まり』は、当時を知る良い機会だと思います。

 

また、東日本大震災で母親を亡くしたヒロイン。

 

当時4歳だったすずめは現実を受け止められず、

ずっと母親を探します。

 

あまりに非情な出来事ですが、

現実でもそういった話は何件もあったでしょう。

 

ここの描写には心がえぐられます。

 

親子一緒にいるのは当たり前ではなく、

すごく幸せなこと・・・。

 

そういったことを踏まえながら、

当時の被災について教えるのも良いのではないでしょうか。

 

同じ映画を同じ空間で見るからこそ、共感出来ます。

なので、ぜひ映画館で親子一緒に見て欲しい映画と紹介させてください。

 

 

すずめの戸締まりの内容に関する評判!震災?思ってたのと違うけど大丈夫?!

新予告が公開され、

内容もかなりわかるようになってきました。

 

より期待感の出る描写がいっぱいですよね。

 

ただ、今作は重たい内容を扱っていますので

「ちょっと思ってたのと違うな?」

「震災を扱う物語は大丈夫なの?」

 

そんな心配する声もあります。

 

出てくる描写によっては

注意が必要になる人もいるかもしれませんね。

 

ただそれだけに刺さる内容になるんじゃないかと期待しています。

 

小学校3年生の息子と1年生の娘にも

すずめの予告を見せてみました。

 

もう食いつきが凄いです!

 

あの怪しいけど可愛らしい「ネコ」

娘は、あれのモノマネがお気に入りに!

 

毎日、「すすめ・・・好き」

「おまえは・・・ジャマ」

ニカッ!

って遊んでます(笑)

 

うーん、ちょっとまだ難しいと思うんだけど

どうしようかなぁ~。

震災の表現もあるし・・・。

 

まずは、僕が見てから

2回目見る時に子供たちに見せようか判断しようと思ってますよ。

 

でもだいぶ情緒というか雰囲気をつかめる部分も出てきたので

何かを感じてもらえるなら見せたいとも思ってますけどね。

 

 

 

すずめの戸締まりの評価感想!地震や震災描写に注意!

 

公式でも注意喚起されていますが、

震災の表現がかなり多めにあります。

 

最速上映で見た人もここは驚いたという人がかなりいますね。

そして、あえてその表現を用いたことを称賛する声もいっぱいです。

 

内容も濃くて非常に楽しめたという感想が多く

2回目を見るとさらに「すずめの戸締まり」の良さ。

 

これを感じる事ができるだろうという見解も見られます。

 

これはまさに新海誠監督の集大成の映画ですよ♪

僕は完全に2回以上見る事を確定させました。

 

ただ、地震関連の表現がかなりあるという事なので

ここは覚悟して見る必要がありますね。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『「すずめの戸締まり」は何歳から楽しめる?対象年齢や子供が見てもわかる内容か解説!』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

『すずめの戸締まり』は、過去作に続きまた女子高生が主人公。

また、特別な力が使えることも同じ。

 

そういった意味で、少しだけ批判の声もありました。

 

しかし、これまで紹介してきた通り、

過去作と比べても圧倒的に重い設定です。

 

今までとは違う「新海ワールド」が楽しめると思いますよ!

お子さんがいるならぜひ親子一緒に映画館へ足を運んでくださいね!

 

「すずめの戸締まり」は普通に見ます?

それとも、最高の絵と音で楽しみたいですか?

「すずめの戸締まり」はIMAXと通常版のどっちで見た方が楽しめる?IMAXの評判もまとめ!

 

共感の嵐で涙を誘う今作「かがみの孤城」

でも小さな子でも楽しめるかな?と疑問じゃないですか?

映画「かがみの孤城」は子供向け?大人でも楽しめる内容か解説!

 

スラムダンクを楽しく見るにはどれを選べばいいのか?

ドルビーも気になってません?

「THE FIRST SLAM DUNK」はドルビーシネマも凄い?IMAXと違いは何?見た感想もまとめ!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る