「この世界の片隅に」はトラウマ級に怖い?戦争映画はグロいし子供は見れないのか解説

地上波放送




2016年に公開された長編アニメーション映画「この世界の片隅に」。

主人公・すずと、すずを取り巻く人々の生活、そして戦争について描かれている作品です。

戦争映画ですから、どうしても

「目を背けたくなるほどのグロテスクな描写があって怖いのかな?」

と気になってしまう方もいるかもしれません。

 

戦争というものをどのように表現しているのか解説してみようと思います。

 

ここでは

・「この世界の片隅に」はトラウマ級に怖い?

・「この世界の片隅に」はグロシーンもあって子供には向かないのか?

・「この世界の片隅に」をオススメする理由は?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「この世界の片隅に」はトラウマ級に怖いの?

「この世界の片隅に」は、広島市に住む主人公・すずが、呉市の北条家に嫁ぎ、平穏な日々を過ごしていた中で戦争が起きてしまうというお話です。

戦争もので、しかも広島が舞台であるため、当然原爆のことは触れる事になります。

 

ですが、

トラウマになるほどの辛いシーンがあるわけではありません。

 

それは、戦争のシーンよりも、

人々の「普段の生活」を中心に描かれているからです。

 

あくまでも、普通の何気ない日常の中に、戦争というものが入ってきた、という表現方法がされているため、

トラウマになるほど怖いわけではないです。

グロシーンもあるので子供には向かないのか対象年齢も解説

「この世界の片隅に」は、やはり戦争の話だけに、死体の腕に刺さっている破片から血が大量に出ていたりなどの描写はあります。

ですが、

グロいと言うほどのシーンはありません。

 

なぜなら、戦争の悲惨さというテーマがメインになってはいるわけではないからです。

 

戦争映画というと、どうしても人の生き死にだったり、被弾して腕や足がなくなるといった直接的な描写が多いですよね。

そして、「そんな悲惨な目にあったけれど逞しく生きていこう」というような話になりがちです。

要は、戦争系の映画だから戦争ありきの話になるんですね。

 

しかし今作品は、戦争という背景を感じさせつつも、

「普通の生活」を描くことに重きを置いています。

 

何か特別なことが毎日起こるわけでもない、淡々と流れる普通の生活。

でもそうやって普通で居られることは、幸せなことなんですよね。

 

そんな「普通」に割り込んできたのが戦争なんだよ、という風に表現しているんです。

グロさではなく、しっかり戦争の悲惨さは伝えている映画です。

 

幼稚園~小学校低学年(9歳ぐらいまで)だと、会話の内容や、作品が何を伝えたいのかを理解するのは難しいかもしれません。

しかし、小学校高学年から(10歳ぐらい~)であれば、授業で原爆のことも習うでしょうし理解できてくるのではないかと考えます。

それに子供は感受性が豊かでもあるので、会話内容が難しくても、平和の大切さをきっと感じ取ってくれるのではないかなと思います。

 

 

「この世界の片隅に」は辛いシーンがあるけどオススメする理由は何?

主人公・すずが腕をなくしてしまったり、幼い子供が亡くなったりと、辛いシーンもあります。

ですが今作品をまだ見ていない方には、ぜひおすすめしたい映画です。

 

これまでも触れている通り、この映画は直接的な描写をして「戦争って怖いな。悲惨だな」と思わせてはいません。

戦争が迫っていることを感じさせながらも、普段の幸せな生活を多く見せています。

 

だからこそ、

一瞬でその幸せを奪ってしまう戦争の恐ろしさが際立っており、平和が良いなと改めて思わせてくれるからです。

 

そして、戦争という厳しい状況下にあっても、

必ずあるささやかな幸せを見つけて、自分たちができることをしながら生きようとする人々の姿が描かれているところもすごくいいんです。

私はこの映画で、食材の調達に悩んだすずが、近所の人から食べられる雑草を教えてもらって、工夫して料理を作るシーンがとても印象に残っています。

そういった小さな喜びを重ねながら、辛い状況を生きたんだなと感じられるんですよね。

「この世界の片隅に」の怖さやグロい表現についてネットでの声

人が死んでいく直接的な怖さやグロさ抑えられているので見やすくて良い映画という方が多いですね。

ですが、逆に本質的な部分のところでいうと、

「これほど恐ろしい映画はない」

そんな感想を漏らす方もいます。

何気ない日常の中に戦争という物が突如入り込んでくるという事への怖さを感じさせてくれるという事ですね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『「この世界の片隅に」はトラウマ級に怖い?戦争映画はグロいし子供は見れないのか解説』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

この映画は、自分がいかに今が幸せなのか、日常生活が普通に送れることがどれだけありがたいことなのかを実感する作品になっています。

 

また、直接的な描写をせずに戦争を伝えるという、新しい形の戦争映画なのかなとも感じました。

だから、子供でも見やすいかなと思います!

きっと何かを感じてもらえるでしょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る