映画「AI崩壊」はリアルにありそうで怖い?年齢制限や内容に恐ろしいと感じるか評価感想も

映画




こんにちは。かみずです。

映画「AI崩壊」

まもなく公開となります。

 

今作品は題名でもあるようにAIをテーマに取り扱っています。

 

AIとは何なのでしょうか?

 

一昔前は「IT」という言葉が流行りましたよね。

IT = インフォメーションテクノロジー。

 

この「AI」というものもITの中のひとつのカテゴリーと捉えても良いかもしれません。

AI = Artificial Intelligence

 

アーティフィシャル インテリジェンスと読みます。

 

人工知能の事であり、人間の知能をコンピューターで模倣しシステム化した物の事です。

人工知能なわけですから、コンピューターが独自に思考するわけですね。

色々な事を勝手にコンピューターが考えてやってくれる。

そう考えると便利と思いますよね。

 

しかし、逆にある意味恐ろしくも思いませんか?

僕はちょっとひねくれているので、AIにこんな事を言われそうで怖いです。

 

「君はもう必要ない」

「それは私(AI)の方が効率的に何倍も成果を出せるから」と・・・

 

ここでは、

・映画「AI崩壊」に年齢制限はあるの?

・「AI崩壊」はリアルにありそうで怖いし恐ろしい?

・怖いや恐ろしいと感じるかについて試写会で見た人の評価感想

について触れていきたいと思います。

 

映画「AI崩壊」に年齢制限はあるのか

 

今作品「AI崩壊」に年齢制限はありません。

ですので、どなたでも映画館で鑑賞する事ができます。

 

ただ、自分たちの生活に欠かせない存在となったAIが突如暴走し、人を選別し殺戮する物語です。

怖いと感じる表現があるようなので、小さなお子さんの鑑賞には注意が必要と考えます。

 

 

「AI崩壊」はリアルにありそうなストーリーで怖いし恐ろしいのか

今作品は10念後の未来の物語です。

AIが全国民のライフラインを守る存在となって、10年の月日が流れたという展開ですね。

様々な恩恵をもたらしていたAIが突如暴走し、不要な人を選別して殺戮していく・・・。

怖いと思いませんか?

 

今作品で僕が考える「怖さ」には下記があると思います。

・既にAIは身近に広がってきており、ありえない未来とは断言できない。

・一家に一台はあるだろうパソコンやタブレット。一人一台持っているスマホ。
 どれにもカメラが付いており、ネットにも繋がっている。
 すでに自分も監視されているのではと考えてしまう。

・自分や身近な人がAIから攻撃されたらどうすればいい。

・現実に起こった時、誰がAIの暴走を止められるのか。

・ネットは世界に繋がっており、どこまでも侵食していくのではないか。

・逃げる事しかできない。
 でも、逃げられるのだろうか。

・AIを作った人間も制御できない。

・AIを暴走させたのは人であり、人間というものの恐ろしさも感じる。

考えだしたら切りがありません。

 

もし、これが現実となったら?

自分に何ができるのか?

何をしなければならないのか?

そういう事を考えさせられる映画だと思います。

怖くて恐ろしいと感じると思いますが、これからの未来を考えるきっかけになるので興味のある方は見たほうが良いと思いますよ

内容が難しいかもと思っていた人でも、楽しめたという方もいるのでオススメします。

 

僕が今考えるのは、家族を連れて全力で逃げる事!

田舎に無事辿り着けたら、テレビもネットも無いアナログ生活が目に浮かびます。

 

怖いや恐ろしいと感じるかについて試写会で見た人の評価感想

やっぱり現実に起こりそうなリアリティで怖いという声が多いですね。

AIに頼りすぎるのは危険なのか?

そういう事を考えるきっかけになる映画とも言えますね。

 

どんなに便利なものでも、人間がどう使うのかが問われるのだと考えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「映画「AI崩壊」はリアルにありそうで怖い?年齢制限や内容に恐ろしいと感じるか評価感想も」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作品はAIという物について、リサーチもしっかり行った作品です。

テクノロジーについて、ある程度知識のある方でも納得できて楽しめる作品となっているようですよ。

ハラハラ、ドキドキする展開と現実に起こりそうなAIの恐ろしさの可能性を確認してみて下さいね。

 

僕は大好きなジャンルなので、必ず見に行きます!

 

こちらの関連記事もいかがですか?

「AI崩壊」は怖いけどリアルな現実感がヤバい?無料で視聴する方法も!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!