映画「テネット」試写会の評判!難解な内容だが圧倒され面白い?理解できないのでつまらない?

映画




映画「TENET テネット」

「TENET テネット」「ダークナイトシリーズ」や「インセプション」などの代表作で知られる鬼才・クリストファー・ノーラン監督の最新SF作品です。

日本でも2020年9月18日(金)に公開予定となっています。

2020年8月26日より世界順次公開となっていますが、多くの都市で予想以上の成績を収めており、これ以上ないスタートを切っている作品です。

 

世界中で大反響を呼んでいる「TENET」ですが、

ノーラン監督史上最難解と呼び声高いストーリーや世界観に様々な評価を集めています。

 

特に興味深いのは、難解で内容が理解できないという声が非常に多いのですが、

それにも関わらず「面白い」という声や高評価が多いんです。

 

ではなぜ「理解不能」なのに「面白い」のでしょうか。

気になりませんか?

 

ここでは、

・映画「TENET」は難しい内容だけど面白い?理解不能でつまらない?

・映画「TENET」は難解な設定やストーリーだが心が奪われるほど面白い?

・テネットはノーラン史上最高に難解なので何回でも見る価値がある?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「テネット」は難しい内容だけど面白い?理解不能でつまらない?

 

結論から言うと、

 

“ストーリーや設定は難解だけど面白い作品”

“けれど、多少映画上級者目向けの作品”

 

と言えるでしょう。

試写会などレビューを見ると、ストーリー・設定が難解すぎて一度では理解できなかったという声が非常に多いです。

試写会を観るぐらいの人たちの意見なので相当難解な設定であることがわかります。

 

しかし、“理解できるまで観たい”“10回は観たい”というような意見に続く感想がほとんどです。

 

 

難解だけれども、

“もう一度観たい”、“理解したい”

と思わせるほど、その作りこまれた設定・ロジックには魅力があります。

 

ただこれは先ほども述べた通り、試写会を観に行くような映画上級者向けの意見とも言えますよね。

 

単純明快で解り易いストーリーが好みだという方には“つまらない”と思われてしまう作品かもしれません。

 

もし、ネット上などの“難解すぎる”という意見で観ようか観まいか迷っている方には、

ぜひ、過去のノーラン作品を視聴して判断材料にしてもらいたいと思います。

 

「TENET テネット」はノーラン史上最高クラスに難解な設定と言われています。

 

これまでの作品を観て「面白い」と感じることができれば

「TENET テネット」を観る土俵に立ったと言えるのではないでしょうか(笑)

 

個人的にその判断にオススメの作品は「メメント」と「インセプション」の2作品です。

鑑賞を考えている方で公開前、鑑賞前にお時間の取れる方にはぜひ観て頂きたい作品です。

 

 

「メメント」「インセプション」はこちらで無料視聴もできますよ。

 

それは「U-NEXT」という動画配信サービスです。

U-NEXT

 

こちらの動画サービスを利用すると

「メメント」「インセプション」を無料で視聴することができます。

 

現在、31日間無料トライアル中なので、期間内に解約すれば使用料金は無料にできます。

 

ノーラン監督の作品を見たことがない方。

テネットを観る前にノーラン監督の作品に触れてみませんか?

 

DVDをレンタルしに行くのが面倒でなければ必要ないサービスですが、

 

少しでも手間だと思うのなら、便利なサービスだと思いませんか?

 

U-NEXT

» U-NEXTのお試し体験はこちらから

 


本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

—————————————————————–

「TENET」は意味不明で難しいストーリーだけど心が奪われるほど面白い?

 

「TENET」は設定が難解すぎるという意見が多いにも関わらず、

 

“心が奪われるほど面白い”

 

という評価が続出しています。

 

 

中には、

 

“内容は難しすぎて理解できなかったけど最高の作品”

“理解不能だったけど感動した”

 

なんて感想も数多くあります。

 

その理由の一つには先ほど説明した、

 

“難解だけれでも、その作りこまれた設定・ロジックに魅力がある”

 

というポイントが挙げられますが、その他にも高評価の理由はあります。

 

 

まずはアクションシーンの迫力やサウンドの素晴らしさが挙げられます。

「TENET」はノーラン作品の中でも比較的アクションシーンが多い作品と言われていますが、

そのアクションシーンの迫力は圧巻のようです。

 

また、ノーラン監督は、映像美やサウンドの細かいポイントまで拘る監督で有名ですが、

「TENET」においてはそのサウンドの使い方に絶賛の声が集まっています。

 

さらに、ノーラン監督はロジックで固めた難解な設定を得意としている監督ですが、

“人と人との繋がりや愛・絆”といった要素も盛り込んでいる作品が多いんです。

 

「TENET」にも“理解不能だったけど感動した”という感想が挙がっている事から、

感動要素が盛り込まれていることが推察できますね。

 

 

テネットはノーラン史上最高に難解なので何回でも見る価値がある?

これだけ“難解だけど面白い”という評価を集めて作品です。

 

“何度も見直す価値のある作品”

 

と言える作品でしょう。

 

というより“何度も見たいと思わせてくれる作品”といった方がしっくりくるかもしれません。

 

一度で理解できなかった人がもう一度観たいと思うといことは、

それだけその難解な設定やロジックに魅力があり好奇心を掻き立てらる作品と言えます。

 

この手の作品は何度み観返し、新しい発見や気付き・理解を繰り返し、自分なりの考察を深めたり、

他者と議論を交わしたりと更なる楽しみを与えてくれますよね。

 

ノーラン史上最高に難解の呼び声が高く、

公開前から考察合戦が繰り広げられている「TENET」です。

 

難解な設定・ストーリーの作品が好きな方にとっては何度でも見る価値のある、何度でも観たくなる作品であることは間違いないでしょう。

映画「テネット」を試写会で見た人の評判!「面白い」「もう一度観に行く」という声が多数

「凄いものを見てしまった・・・」

「本公開されたらもう一回観に行く」

 

そんな声が多いです。

 

再度見直す事で新たな発見が多い映画でしょうね。

早く本公開にならないかとワクワクが止まりません!

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「テネット」試写会の評判!難解な内容だが圧倒され面白い?理解できないのでつまらない?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

ノーラン史上最高に難解と言われると“理解できるのか”と少し不安になりますよね。

しかし、難解なストーリーだけでなく、そのアクションシーンや映像・サウンドなどのディティールまで話題の作品です。

 

難解な設定、理解できなくても面白いという声も多い作品なのでぜひ多くの方に観て頂きたい作品です。

 

こちらの関連記事もいかがですか?

映画「TENET テネット」の時間逆行ってどんな世界観なの?なぜ時間のルールから脱出する必要があるの?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る