映画「MOTHERマザー」は長澤まさみの狂気がやばい?毒親に追いつめられる少年が辛すぎる!

映画




映画「MOTHERマザー」は長澤まさみの狂気がやばすぎる?!毒親に追いつめられる少年とは・・・

 

映画「MOTERマザー」

2020年夏公開予定、大森立嗣監督が実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て描いたヒューマンドラマ作品です。

自分の息子へ異様で歪んだ愛情を注ぐ母親役を長澤まさみさんが演じます。

そして、母親の歪んだ愛情にもがきながら応えてゆく息子の役を、オーディションで抜てきされた新人の奥平大兼さん演じています。

映画の予告動画には “感動のラスト” “この真相を受け止められるか?” という文言が入っており、少年が事件を起こした動機に衝撃の事実が隠されている作品だと予想できます。

ここでは、

・映画「MOTHERマザー」は長澤まさみが狂気的でやばいってどんな演技をしているの?

・マザーのどんなストーリーなの?予告で毒親に追いつめられる少年が理不尽すぎる?

・MOTERマザーの予告動画を見た人の感想や評判は?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「MOTHERマザー」は長澤まさみが狂気的でヤバイとはどんな母親の演技なのか

母親役を演じる長澤まさみさんですが、その狂気じみた母親の演技は予告動画からも伝わってきます。

舐めるようにしてずっと育ててきたの

というセリフと実際に息子の足を舐め上げるという衝撃的なシーンが含まれており、長澤まさみさん演じる母親の闇深さが伝わってきます。

他にも息子を思いきりビンタしたり、息子を学校には行かせてなく独占的に育てているような描写なども含まれています。

予告動画からは、社会から堕ち、唯一の拠り所である息子に歪んだ愛情を注ぐ母親というイメージが強く伝わってきます。

 

しかし、「歪んだ愛情」と、「無償の愛」の境界線はどこにあるのでしょうか。

 

長澤まさみさんもインタビューで

どこか他人事じゃないと思わせるリアルさがある

母親の存在の大きさについて、考えさせられる

と語っています。

 

歪んだ愛と無償の愛との境界線はあいまいで、どんな親でも一歩間違えれば、陥ることがある闇を描いているのではないでしょうか。

この歪んだ愛を、リアルに身近に潜んでいるものとして表現する長澤まさみさんの演技には注目したいですね。

 

 

マザーはどんなストーリーなの?予告で毒親に追いつめられる少年が理不尽すぎるとは

物語は親に歪んだ愛を注がれ育てられた少年が祖父母を殺害してしまうというものですが、親からの虐待ともとれる支配に追いつめられたことが原因といった単純なもではないようですね。

ポスターのコピーにも

 

“こんな母親でも僕にとって世界(すべて)だった”

 

とあるように、息子と母親の間には特有の絆が生まれているようです。

 

どんな母親であれ、子どもはその母親を頼るしか、愛するしかないでしょう。

予告動画やコピーを見ると客観的には理不尽で歪んだ愛に見えても、子どもにとっては愛そのものなんだという印象を受けました。

その愛が、いかに祖父母殺害という悲劇に繋がっていくかという点がこの作品の大きな見どころと言えるのではないでしょうか。

予告動画では息子はビンタされ、学校に行かせてもらえず、母親の強烈な支配のもと育てられている様がうかがえます。

この客観的に見れば虐待歪んだ愛の中、母親への愛もあり、もがき苦しむ息子という複雑な役を演じるのは初めてのオーディションでの抜てきとなった新人の奥平大兼さんです。

難しい役どころですが、長澤まさみさんも“初めての演技とは思えない”と絶賛しています。

観る側としても他の作品でのイメージもないので、よりリアルに感情移入できるのではないでしょうか。

MOTERマザー予告動画のネットでの感想や評判

Twitter上には公開を楽しみにしている声のほかに、衝撃的な事件が元ネタになっているため、鑑賞するにあたって覚悟が必要という意見も多く見られます。

https://twitter.com/tomo12042301/status/1255313968354263041

また、主演の長澤まさみさんの演技や、息子役に抜擢された新人の奥平大兼さんの演技に対する期待の声も多いですね。

https://twitter.com/rabokom2020/status/1254828132399345664

https://twitter.com/dwangojpnews/status/1254610062057734144

YouTubeには予告動画があがっていて、長澤まさみさんの歪んだ愛情が垣間見れるような映像になっていますが、コメント欄には、衝撃的事件を題材とした作品への期待と長澤まさみさんの演技に期待する声が多いです。

若い頃は清純派女優のイメージの強かった長澤まさみさんですが、キャリアを重ねるにつれて癖の強い役を演じる機会も増え、その演技力にも磨きがかかってきているので自ずと期待は高まりますよね。

予告動画だけでも、長澤まさみさんの闇深く、狂気じみた演技の迫力が伝わってきます。

題材となったのが少年の祖父母殺害という衝撃的な事件であるという話題性に加え、長澤まさみさんの体当たり演技が垣間見れる予告動画に鑑賞意欲を掻き立てられている方が多いという印象を受けました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「MOTHERマザー」は長澤まさみの狂気がやばい?毒親に追いつめられる少年が辛すぎる!』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

衝撃的な事件が題材であること、その事件の動機や真相の謎、キャリアを積んで演技の幅を広げてきた長澤まさみの演技、新人にして抜てきされた奥平大兼さんの演技と見どころ盛りだくさんの作品ですね。

観ることに覚悟が必要な作品ではあるかもしれませんし、観終わった後にすっきりできる作品とは考えにくいですが、親子について深く考えさせられる作品になっているのではないでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!