映画「空白」は物語が重たいし辛いしとにかくしんどい?年齢制限や対象年齢はいくつくらいから?

映画




今作は2021年9月23日公開の古田新太さん主演及び松坂桃李さん共演で描くヒューマンサスペンス作品です。

題材となっているのが誰にでも起こりえる日常の出来事だという点が

よりリアリティを出しています。

 

しかし、だからこそ内容は中々にハードであると予想されます。

 

個人的にも予告を見ただけでも、

いつ自分がその立場の人間になるのだろうと自問してしまいました。

 

あなたはどう感じましたか?

 

今回は

「内容はそんなにきついの?」

「見ていて辛い?」

「誰でも見れる?子供は?」

 

この辺りが気になったので調べてみましたよ!

 

それでは、

・映画「空白」は年齢制限があるの?

・映画「空白」はまるで地獄?普通の人が不幸になっていく描写が息苦しい?

・「空白」の対象年齢はいくつぐらい?怖いので子供は見れないの?

について触れていきたいと思います。

 

 

 

映画「空白」は年齢制限があるの?

 

映画「空白」には年齢制限があるのか?

今作は日常にひそむ誰の身にも起こりうる事件が題材となっています。

 

その内容の激しさから「PG12」の指定を受けています。

 

この指定は「小学生の鑑賞には助言・指導が必要」

というものであり、

 

小学生の子供には不向きですよ!

 

という事を意味しています。

 

基本的には刺激が強く、

過激な描写もあるような作品が対象となる事が多いです。

 

 

でも、絶対に小学生は見てはいけないという事ではなく

 

「親や保護者がこの作品を見せてもいいのか判断してね」

 

という意味です。

 

今作も流血や激しい暴力表現が無いわけではありませんが、

それよりも日常で起こりうる不幸といった内容がハードルを上げている要因と言えます。

 

ですのであなたもお子さんと一緒に見るようなら

そのへんに注意して見てくださいね。

 

映画「空白」はまるで地獄?普通の人が不幸になっていく描写が息苦しい?

 

映画「空白」は辛くて苦しい内容なのか?

 

今作はいつもの日常がある日一変してしまい、

地獄の様な日々に変わってしまう物語です。

 

 

その様子は見ていて息苦しさを感じると共に、

 

「いつか自身の身に起こるかも?」

 

そんなリアリティを含んでいます。

 

自分が正しいと思った行動が、自身の日常をガラッと変えてしまいます。

 

普通の人が地獄に落とされたみたい

不幸になってしまう描写は相当きついです・・・。

 

個人的にも見ていてチョット怖くなっちゃいました。

 

だって、もしかしたらある日自分が

その立場になってしまうかもと感じてしまったからです。

 

そうなった時に自分はどうなってしまうんだろう?

大切な家族は?

その周囲の人達は?

 

そう考えると今作の内容は単なる映画作品に思えなくなりました。

 

あなたはどう思いますか?

 

確かに今作の普通の人が突然不幸になっていく様子は

見ていて非常に苦しいです。

 

でも、それだけではなく

誰の身にも起こる出来事なのだと教訓のようにも感じます。

 

あなたも是非今作を見て色々と感じとってみてはいかがでしょうか?

 

「空白」の対象年齢はいくつぐらい?怖いので子供は見れないの?

 

今作は「PG12」指定です。

ですので、基本的には13歳くらいからが対象年齢という事になります。

 

しかし、個人的には内容や表現の観点から

15歳~16歳くらいからが妥当な年齢だと感じます。

 

年齢指定の件もありますが、

今作は高学年の場合でも個人差があります。

 

それは成長過程・知識・成熟度についても言えます。

 

特に内容が日常でいつ起こるか分からない出来事が描かれています。

 

むき出しの人間の感情が描かれていますので

相当に心理的な圧迫感を感じると思うんです。

 

それを見た結果いい方向に考える事も出来ればいいですが

最悪マイナス方面に考えがおよぶとあんまり良くないとも感じます。

 

まぁ、そういった事を防ぐ意味合いでも

保護者の助言や指導が必要なわけですね。

 

内容は怖い・息苦しい部分はありますが

決して子供が見れないわけではありません。

 

ただ、付き添いサポートしてあげる環境が必要です。

 

これらの点をふまえて対象年齢は15歳~16歳くらいからが妥当だと考えます。

 

映画「空白」を見て辛いし苦しいけどそれだけじゃないという評価感想

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「空白」は物語が重たいし辛いしとにかくしんどい?年齢制限や対象年齢はいくつくらいから?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作は確かに内容が重たく妙にリアリティがあり息苦しさを感じます。

その為、PG12指定を受けている作品です。

 

ただ、子供が見れないというわけではなく、

見るにあたってはサポートをしてあげないといけません。

 

あなたも子供に見せる際に注意して見せるか見せないかを判断してあげて下さい!

 

今作は苦しくて辛い描写がありますが、

それだけじゃありません。

 

感情を揺さぶられ優しさも感じとれる映画です。

 

興味のある方はぜひ見てほしい映画ですね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る(映画の新着情報もこちらから)