「フクシマ50」の年齢制限や対象年齢は?子供や心に傷がある人には怖いしトラウマに?

映画




映画「Fukushima50」

東日本大震災による原子力発電所の事故を描いた作品になります。

 

被災された方はもちろんですが、何らかの影響を生活にもたらした災害ですよね。

たくさんの方が記憶にまだまだ新しいのではないかと思います。

 

さて、

今作品ですが、地震、津波、そして原子力発電所の事故、放射能と

怖い内容が題材となっています。

それだけに見たいという方も多いですよね。

 

ですが、

子供には見せても大丈夫なの?

年齢制限は?

大人でも津波とかの映像は怖いし・・・

 

そう疑問に思った方もいると思いました。

 

ここでは、

・映画「Fukushima50」は怖いし衝撃的なので年齢制限があるの?

・映画「Fukushima50」は子供でも見れるの?対象年齢はいくつぐらい?

・心に傷や見るのが不安な人にはトラウマになるぐらい辛いの?

・Fukushima50を観た人の「リアルな怖さ」に関して評価感想

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「Fukushima50」は怖いし衝撃的なので年齢制限があるのか

映画「Fukushima 50」には、

 

「年齢制限はありません。」

 

映画の鑑賞制限(レイティング)は”G”となっていますので年齢を問わず、どなたでも鑑賞できます。

 

ですが、

個人的には、今作品「Fukushima50」は小さい子には向かない映画だと考えます。

フクシマフィフティ(福島50)は子供でも見れるの?対象年齢はいくつぐらいからか

上記でも述べましたが、今作品は年齢制限がありません。

ですが、僕としては

ある程度の知識と心の強さを持った状態での鑑賞が望ましいと考えます。

 

僕の勝手な個人的に考える対象年齢としては、

中学生以上が望ましいと思います。

できるなら中学校の2年生、いや、3年生なら心の整理もできると考えます。

ですので、「14、15歳ぐらいから」という事になりますね。

 

中学生になりたての1年生は、もう少し後でも良いのではないでしょうか?

 

なぜかと言うと、

 

地震や津波の映像はかなり衝撃的と思えるからです。

 

地震は今はもう、大多数の日本人が経験しているのではないでしょうか?

そうなると子供たちにも経験があるという事になります。

 

そして、津波。

押し寄せる濁流に流されていく描写はかなり精神的な負担を伴うと思います。

トラウマにもなりかねないと・・・。

 

さらに、原発に関して専門用語も出てきますので、理解が難しいと思います。

 

ですので、知識と精神力が培われた状態での鑑賞が必要と述べました。

専門用語については、解説もあるようなので、そういう意味では大人は大丈夫だと思いますよ。

 

心に傷がある人や見るのが不安な人にはトラウマになるぐらい怖いし辛いの?

東日本大震災で被災された方はもちろんですが、大きな地震や津波を経験された方。

そして、今作品を見る事に精神的な不安を覚える方。

 

そんな方々は、見るのを控えた方が良いと思います。

 

なぜなら、

体調的にも安定した大人が鑑賞しても、かなり精神的な負担を感じるという意見があるからです。

映画の序盤からいきなり地震、津波、電源喪失という怒涛の展開という事です。

最初からインパクト映像と大音響という事になるので、心が弱まっている方には辛い時間になるのではと危惧します。

 

ですので、映画館という環境では見ずに、DVDが発売されてからの鑑賞をおすすめします。

DVDやネット配信であれば、嫌なシーンは飛ばせますし、好きな時に見れますからね。

タダでさえ、恐ろしいと感じる映像に大音響を乗せた映画館という環境で無理をして見る必要は無いと考えます。

不安はあるけど、どうしても映画館で観たい

もし、

「不安だけどどうしても今観たい」

そんな方は、シアターの通路側の席での鑑賞をオススメします。

 

体調が悪くなったら、すぐにシアター内から出やすいですからね。

真ん中だと、他人に気を使って我慢してしまうかもしれません。

 

ですので、席の位置の検討はしてみて下さいね。

 

 

Fukushima50を観た人の「リアルな怖さ」に関して評価感想

「万人に観てほしい映画だが、かなりリアルなので注意が必要」

観た人でそういう感想を漏らしている方がいますね。

 

不安を感じる方は無理をしない方が良いでしょう。

 

何も、映画館という増幅器の中で見る必要はありません。

今の自分に合うと思える環境で鑑賞しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『「Fukushima50」は子供や心に傷がある人には怖いしトラウマに?年齢制限や対象年齢も解説』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作品は私達の身近に起こった災害が題材です。

それだけにリアルな映像、そこにいた人物に感情移入しやすいと思います。

見ること、知ることに意義のある映画だと思います。

ですが、精神的に負荷をかけすぎる必要も無いですよ。

見るのであれば、コンディションを整えて臨んで下さいね。

 

僕は、必ず鑑賞します。

今後、行きていくためにも勉強にもなると思いますんで。

 

では、くれぐれも体調にはお気をつけ下さい。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!