映画「ザ・スイッチ」はグロいし怖いので年齢制限がある?対象年齢や子供はいくつからみれるのか解説

映画




映画「ザ・スイッチ」

「ザ・スイッチ」2021年4月9日に日本で公開するアメリカのホラー映画作品です。

「ハッピー・デス・デイ」で知られるクリストファー・B・ランドンが監督を務めます。

 

クリストファー・B・ランドン監督は王道のホラー要素にコメディ要素を加え、

他に類を見ないホラー作品を作り出しています。

 

日本でも「ハッピー・デス・デイ」は話題を呼び「ザ・スイッチ」にも期待の声が集まっています。

 

ちなみに「ザ・スイッチ」は「13日の金曜日」をオマージュしていることもあり、

アメリカでは2020年11月13日の金曜日に劇場で公開されました。

 

さて、ホラー作品ということで、

 

怖さ・グロさはどれくらいなの?

年齢制限はあるの?

 

といった点が気になるところですよね。

 

ここでは、

・映画「ザスイッチ」は怖いしグロいのでr指定の年齢制限があるの?

・殺人描写がリアルでグロいし怖いので子供にはトラウマ級?対象年齢はいくつぐらいから?

・残酷でグロテスクな描写はどのくらいあるの?スプラッタなシーンは多め?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「ザスイッチ」は怖いしグロいのでR指定の年齢制限があるの?

 

映画「ザ・スイッチ」には年齢制限があるのか?

結論から言います。

 

「ザ・スイッチ」には年齢制限があります。

 

映倫区分でR15+に指定されていますので15歳未満の方は入場・鑑賞ができません。

 

年齢制限は主に暴力的・性的に刺激が強い作品に指定されますが、

本作では主に暴力的なシーン・特にに殺人シーンが多く含まれているためR15+に指定されたと考えられます。

 

クリストファー・B・ランドン監督はホラー作品にコメディ要素を含め、

その笑いと怖さとのギャップに定評があります。

 

コメディ要素があるから

 

“そんなに怖くないのかな?”

 

そう思う方もいるかもしれませんが、

 

それは大きな間違いです(笑)。

 

怖いシーンは他のホラー作品以上に怖いという意見も多くあります。

 

小学生以下の子どもが視聴する際、保護者の助言・指導が必要な作品に指定されるPG-12ではなく、R15+に指定されていることからも、過激な描写が含まれていることがわかりますね。

 

殺人描写がリアルでグロいし怖いので子供にはトラウマ級?対象年齢はいくつぐらいから?

 

僕の個人的な意見としては、

“対象年齢は15歳以上だけど、自分は耐えられるのか慎重な判断が必要な作品”

であると考えています。

 

R15+に指定されている作品なので、15歳以上の方であれば入場・鑑賞できますが、

ホラー作品に対する耐性はかなり必要な作品と言えます。

 

既に試写会などで見た人のレビューには、

 

“ホラー映画好きだけど、途中目を伏せるシーンも何度かあった”

“かなりグロいシーンもある”

 

そういった意見が多く、映画サイトに書き込む程に映画通な方にも刺激が強いと思わせる作品だということがわかります。

 

特に殺人シーンの描写がリアルでグロいという意見がかなり多く見られますね。

 

殺人方法も様々でかなり刺激が強いので、視聴にあたってはかなりの覚悟が必要だと感じています。

 

年齢制限がそれなりに自己判断ができる15歳以上なので、

ご自身で慎重に判断して頂きたいです。

 

個人的には、少なくとも今までホラー作品をあまり観てこなかった方の、

ホラー映画デビューにはふさわしくない作品だと考えています。

 

 

残酷でグロテスクな描写はどのくらいあるの?スプラッタなシーンは多め?

 

作品情報や先行上映などのレビューでは、

具体的にどのような描写があるという情報は見つかりませんでした。

 

おおまかには、

“殺人シーンがリアルでグロい”

“殺害方法も多様で、目を手で覆いたくなるシーンも…”

 

などの感想が見られます。

 

本作の内容は殺人鬼と女子高生の身体が入れ替わってしまい、

女子高生の身体を手に入れた殺人鬼が学校の生徒たちを次々に殺害していくというもの。

 

この殺害シーンがリアルで、細かく描かれており、

グロい・怖いといった意見が多いですね。

 

流血・リアルな死体・派手な殺害シーンなどは覚悟する必要があるかと考えています。

 

ホラー要素以外にも、

殺人鬼であるおじさんの身体を手に入れてしまった女子高生の仕草や友達とのやりとりなど、

シュールで笑えるコメディ要素も多い作品です。

 

怖いシーンは他のホラー作品同等以上の怖さ・グロさがあり、

そのギャップが高い評価を得ている作品と言えます。

 

僕的には、かなりその「ギャップ」が楽しそうとかんじるので

ぜひ見に行きたいと思っています。

 

正直、グロいのはそんなに強くありません。

 

ですが、劇場という空間でのホラー映画は、

家で見るのとは全く別物の雰囲気なので、周期ごとに見たくなっちゃうんですよね(笑)

 

連続では、とても見れないけど

面白い映画たちの間に置かれるエッセンスとして、

なくてはならないジャンルと思ってます。

 

本当は妻と見に行きたいんだけど、

一緒に行ってくれないんですよね(泣)

 

「ザ・スイッチ」の怖さやグロい表現についてネットでの声

「面白そうだけど、グロそうで悩む」という声が非常に多いです。

予告を見るとたしかに、かなり楽しそうですよね。

 

ただ、やっぱりグロは多めという見た人の感想があります。

 

苦手な人は下記のグロ対策をして見に行きましょう。

・席の位置は後方で。

・グロいシーンは目を背ける。

・怖い大きい音は耳を塞ぐ & 耳栓も検討。

・鑑賞前の食事はほどほどに。

・しがみつける異性と同伴で(勝手な僕の願望(笑))

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「ザ・スイッチ」はグロいし怖いので年齢制限がある?対象年齢や子供はいくつからみれるのか解説』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

コメディ要素を絡めた王道ホラー作品という独特な世界観を作り上げるクリストファー・B・ランドン監督の「ザ・スイッチ」。

ホラー版「君の名は」だ。などの評価もあり、

少しマイルドな作品なの?と思っている方もいらっしゃるでしょう。

 

いえいえ、かなりリアルでグロい描写も多い本格的ホラー作品です。

 

視聴の際には慎重な判断をお勧めいたします。

 

ホラーが苦手なあなた。

こちらの話題作はもうご覧になりましたか?

シン・エヴァンゲリオン劇場版はIMAXと4Dどっちで見た方が楽しめる?通常版は見なくてもいい?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る