映画「影裏」公開後の評価感想!致命的につまらない駄作?出演者の人間関係が面白い?

映画




こんにちは。かみずです。

映画「影裏」

いよいよ公開となりました!

 

今作品は第157回芥川賞を受賞した沼田真佑さんの小説「影裏」を映画化したものです。

「影裏」=”えいり”と読みます。

 

芥川賞を受賞した文学作品の映像化となる”影裏”。

こういう作品の映像化は難しいと言われる事が多いです。

 

ですので、見に行く前に実際のところどうなのか知りたいですよね?

面白いの?

つまらないの?

 

ここでは、

・映画「影裏」公開後の評価感想は致命的につまらない駄作なの?出演者の人間関係が面白いの?

・映画「影裏」が「致命的につまらない駄作」と評価や感想を持ったのはなぜ?

・映画「影裏」が「キャストの人間関係が面白い」と評価や感想を持ったのはなぜ?

について触れていきたいと思います。

 

 

 

映画「影裏」の内容はつまらない駄作なのか?面白いストーリーなのか

 

映画「影裏」

いち早く映画館で見た人の評価感想は、

 

深く観よう、味わおうとして見れれば 『面白い』

 

という方が多いです。

 

 

作品の本質を考えないで観ると、

 

「酷くつまらない」

 

そう感じるかもしれません。

 

今作品は出演者が語る内容の裏や機微を感じ取って観る映画と考えます。

ですので、難しい映画と言えるかもしれません。

 

ですが、そういう雰囲気というか行間を感じ取るというのが好きな方には、味わいのある映画と言えるのではないでしょうか。

 

では、実際に映画を見た人の声を詳しく見ていきましょう。

「影裏」が「致命的につまらない駄作」と評価や感想を持ったのは何でか

「中身がない」

「難しい作品であり、脚本も自分には合わない感じがした」

少しですが、そんな意見や感想ががありました。

 

芥川賞受賞の文学作品という事が映画の表現の難しさという物を物語っているのかもしれません。

 

今作品は全てを語っている映画ではなく、逆に語られない内容を感じ取って想像したり考えたりできれば楽しめるのだと思います。

何も考えないで見れる映画を見たい人には合わない映画かもしれませんね。

 

 

「影裏」が「キャストの人間関係が面白い」と評価や感想を持ったのはなぜか

「俳優さんの演技が繊細で心理描写が素晴らしい」

「観た後の余韻が凄い」

そんな意見で溢れています。

 

今作品を「深く深く感じよう」、「読み解こう」と考えて観た人はとっても満足されているような印象ですね。

映画を見終わった方も、じっくり後で考えられる味わいのある作品と言えるのではないでしょうか。

賛否両論の映画という意見感想

「賛否の分かれる映画になりそう」

そんな意見も複数見られます。

 

見た人に考えさせる映画だと思うので、疑問に思うことも多そうですよね。

じっくり考えたり、感じ取って余韻を楽しむ映画とも言えそうです。

 

物語に起伏が少ないというのも、好みが分かれる所かもしれません。

 

考えるのは苦手ですが、日本映画の雰囲気というか心理描写は好きなので僕は見に行きます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「映画「影裏」公開後の評価感想!致命的につまらない駄作?出演者の人間関係が面白い?」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

「影裏」は主人公である二人の心理描写や岩手の美しい情景、そして震災による悲しみが背景に描かれた作品です。

ちょっと難解な物語ですが、気になる方は見に行きましょう。

 

綾野剛さんや松田龍平さんがどのような演技をしているのか気になりますよね?

僕は安田顕さんのファンでもあるので、そちらも楽しみです。

 

では、映画「影裏」を楽しんで下さいね。

 

中村倫也さんが女装?!

気になりませんか?

映画「影裏」は中村倫也の女装に衝撃?!乙女心溢れる演技が素敵という評価感想も

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!