「スケアリーストーリーズ怖い本」の評価感想!じわじわ系で面白い?クリーチャーがつまらない?

映画




こんにちは。かみずです。

映画「スケアリーストーリーズ 怖い本」

いよいよ公開となりました。

 

全米で学校の図書館に置くことに論争が巻き起こった恐ろしい挿絵の児童書シリーズの映画化です。

絵本ってけっこう恐ろしい絵が書いてあるものってありますよね。

僕も子供がまだ小さいので、本屋さんに絵本を探しに行くのですが、

「これって小さい子なら見ただけで泣き出しそう」

そう思う本がよくあります。

とくに外国の絵本はかなり凄い内容の物もありますよね。

 

本作品は子供たちがある一冊の本を見つける所から始まる物語。

 

何とその本を持ち帰った翌日から、恐ろしい出来事が次々と・・・

 

僕はもうホラーで絵本というワードだけでおっかないですが、

実際に見た人はどう感じたのか?

気になりますよね?

 

ここでは、

・「スケアリーストーリーズ怖い本」の評価感想はじわじわ系で面白い?クリーチャーが変でつまらない?

・スケアリーストーリーズ怖い本が面白いと評価したのはなぜ?

・スケアリーストーリーズ怖い本がつまらないと評価したのはなぜ?

について触れていきたいと思います。

 

 

「スケアリーストーリーズ怖い本」の評価感想はじわじわ系で面白い?クリーチャーが変でつまらないのか

 

スケアリーストーリーズ怖い本は、

 

「王道ホラーで ”じわじわ” と迫ってくる恐ろしさが面白い!」

 

そんな声で溢れています。

 

たくさん出てくるクリーチャーたちも良いという評価が多いです。

 

その中でも「青白い女」は抜きん出て、迫力があるようですよ。

そんなに期待していなかぅた方も予想以上に面白かったという感想も少なくないです。

 

久々に王道なホラー映画で満足されたという方が本当にたくさんです。

では、実際に映画を観た人の意見感想を見てみましょう。

映画「スケアリーストーリーズ怖い本」が面白いと評価したのはなぜなのか

「めっちゃ面白かった」から「それなりに楽しめた」という面白いと感じた量に差はあります。

ですが、どちらかというと満足されている方が多いと思います。

 

クリーチャーたちに見応えがあるというだけでは無く、ストーリーもしっかり作り込まれているという評価もありますね。

複数の短編から構成されている話のようですが、よく考えられたシナリオなようです。

幅広い年齢層が楽しめるという貴重な映画とも言えますね。

 

 

映画「スケアリーストーリーズ怖い本」がつまらないと評価したのは何でなのか

「ホラー映画として物足りない」

「典型的な音で脅かす系」

そういう王道的な映画であり、目新しい何かを期待していたと思われる方には、今ひとつという感覚だったようです。

ですが、意見としては少ない方です。

 

あと、終盤までは凄く良かったのに、ラストが納得いかないという方もいました。

 

今作品はホラー映画としてはめずらしい?!ハッピーエンド的な内容のようでもあります。

ホラー作品として、何とも後味の悪い余韻がほしいという方には、「ちょっと違った・・・」

そう感じるのかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「「スケアリーストーリーズ怖い本」の評価感想!じわじわ系で面白い?クリーチャーがつまらない?」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作品は王道的なホラー作品となっているようです。

幅広い年齢層で楽しめるようなので、ぜひチェックしてみてくださいね、

 

それにしても「色々なクリーチャー」が気になります。

レッドルームでじわじわ来る「青白い女」もそうですが、

最初に出てくる「かかし」もなかなかだとか?!

 

自分が1番クルと感じるモンスターは何かを観た後で比較するのも楽しそうですね。

 

うちのキッズはまだまだ怖いのがダメなので、見れそうにありません。

なんせ、僕が怖い感じの声を出すだけで阿鼻叫喚して逃げまくりますから。

誰に似たのやら・・・

俺か(笑)

 

怖い怖いと言いながらも子供らと一緒に観れる日が待ち遠しいです。

ちなみに妻も一切ホラーはNGなので、ぼっちで見る事になるでしょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!