映画「モータルコンバット2021」は真田広之の殺陣がカッコいい?日本人は特に見る価値がある?

映画




映画「モータルコンバット2021」

 

アメリカのゲーム会社が開発した対戦型格闘ゲームを実写化した映画。

それが映画「モータルコンバット2021」です。

 

1995年に公開された格闘アクション映画を

最新の技術と脚本、出演者によってリメイクしています。

 

主人公コール・ヤングは家族を守るため、

仲間と共に格闘家としてトーナメント戦「モータル・コンバット」に出場する経過の中で、

自身が選ばれし戦士であることに目覚めていき、魔界の戦士らと戦いを挑みます。

 

原作同様に豪華なアジア系俳優を起用しており、

日本からは真田広之さんが出演していることで話題となっているんです。

 

どんな活躍をしているのか興味ありませんか?

 

ここでは、

・実写映画「モータルコンバット2021」は真田広之のアクションが凄い?カッコ良すぎる?

・日本人は見る価値があるって他にもアジアの俳優が出演しているの?

・実写「モータルコンバット2021」の真田広之やライデンはじめとするキャラクターの見どころを解説

について触れていきたいと思います。

 

 

実写映画「モータルコンバット2021」は真田広之のアクションが凄い?カッコ良すぎる?

 

モータルコンバット2021で真田広之さんのアクションが凄いってどのくらいなのか?

 

どんな人物を演じるのか気になりますよね。

 

真田広之さんが演じるスコーピオン(ハサシ・ハンゾウ)

本作の中でも中心的な役どころです。

 

個性的な特徴を持った登場人物の中でも、

迫力のある演技力と存在感が圧巻のアクションがオープニングで披露されています。

 

「モータルコンバット」のトーナメント戦では国際色豊かな戦士たちが登場します。

 

中でも重要人物である日本的な忍者として登場しており、

本作ではとても還暦とは思えないアクションシーンを披露してくれています。

 

他のアジア系俳優にまったく引けを取らない

迫力の映像で序盤から登場!

 

ハリウッド映画で、

日本人がここまで前面に出て活躍するシーンが見れるなんて嬉しいですよね。

 

しかも、めっちゃカッコいい殺陣ですから

海外の人が見てもワクワクできるという所が、同じ郷土の人間として

 

「よくやった!」

 

そう言いたいです。(謎の上から目線)

 

最近では海外映画に多く出演している真田広之さん。

 

英語がネイティブのアジア系俳優とは違った

丁寧な英語のセリフも日本人として風格のある国際俳優ではないでしょうか。

 

評論家やファンからは配役されたスコーピオンは

 

「完璧な役柄」

 

そんな高評価を得ています。

 

日本人は見る価値があるって他にもアジアの俳優が出演しているの?

 

本作は特に「我々日本人には見る価値が高い映画」

 

そう言えます。

 

本作の始まりは17世紀(江戸時代)の日本。

 

日本から抜擢された俳優、

 

浅野忠信さん(ライデン役)、

篠原ゆきこさん(スコーピオンの妻)

 

このお二人も出演していることで話題となりました。

 

浅野忠信さんが演じるライデンが魔界の戦士に立ち向かう賢者を集める守護神という設定も、

日本人の視点からみても惹かれる配役ではないでしょうか。

 

また、前作のシリーズ映画ファンや

特に原作ゲームファンなら徳望の最新の映像美と格闘ゲームさながらの個性的な登場人物に共感するはずです。

 

アジア系俳優が多く起用されている映画の中でも、

日本人俳優のキャラクター設定には海外からも定評がある作品になっているんですよ。

(なんだか誇らしい気持ちになってしまいますね(*^^*))

 

将来世界に羽ばたきたい日本の若者にも、

日本で育まれた俳優が世界でも活躍し、高実績を納めた作品の一つとして、楽しめるアクション映画をぜひ見てもらいたいです。

 

 

実写「モータルコンバット2021」の真田広之やライデンはじめとするキャラクターの見どころを解説

 

それでは、実写版モータルコンバットで活躍するキャラクターを紹介したいと思います。

 

主人公コール・ヤング

本作で新たに登場するキャラクターです。

生活のためにファイターとして生計を建てていたところ、

魔界の戦士に家族を狙われる事に。

そして仲間と運命的な出会いから「モータル・コンバット」の存在を知り、

奇妙なドラゴンのあざの意味する本来の能力に目覚めていくことによって、人間界を狙う魔界の戦士らに戦いを挑んでいきます。

 

ソニア・ブレイド

米軍特殊部隊の隊員。

犯罪部隊の標的であるカノを仕留めるべく、

同じ部隊に所属するジャックスとチームを組んでいる女性兵士です。

特技である側転キック、銃や手榴弾といった軍事武器も巧みに操るスペシャリストです。

 

ジャックス

米軍特殊部隊の黒人兵士です。

過去に負った両腕の負傷からサイボーグ化した凄腕の持ち主。

ソニアと一緒にドラゴンの紋章とモータル・コンバットの存在を探しながら、

最強の特殊な腕力と最新の戦闘能力で敵を攻撃する戦闘のプロです。

 

カノウ

不気味に光る赤い右目と残虐で冷酷な性格が特徴。

犯罪組織ブラックドラゴンのリーダーです。

赤いレーザーのアイシールドで敵の心臓を討ち、

ソニアの仲間を殺したことにより米軍特殊部隊から標的にされています。

 

ライデン

人間界の守護者でモータルコンバットに挑む賢者を導いている存在。

特技である稲妻で邪悪な魔物から人間界を守るために戦士を集める役割を補っています。

 

サブゼロ

リン・クエイ一族の無慈悲な暗殺者であるビハンの猛者。

特殊な氷を操り、瞬時に相手を凍らせ死に至らしめる強力の能力の持ち主です。

 

ゴロ

モータルコンバットの前勝者。

業人な4つの腕を持ち、ショウカン戦士の王子でもあり火の玉を撃つ能力と狂人な腕力が特徴です。

 

ミレーナ

魔界で唯一の女性戦士であり、最も邪悪でサディステックな人物。

人肉をモンスターのように食いちぎり、機敏な身体能力に優れています。

残虐なシーンが随所で出てくる格闘ゲームさながらのスピード感と、個性あふれる戦士。

日本から世界に向けた人間界を危機的な状況から救うべく集結する戦士たちと

魔界の覇者戦士に挑むアクションが見所です。

 

真田広之や浅野忠信などアジア俳優出演に関する評価感想

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「モータルコンバット2021」は真田広之の殺陣がカッコいい?日本人は特に見る価値がある?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

既にファンの間ではSNS上で話題となっている最新映画モータルコンバット。

 

序盤でスコーピオンことハンゾウは無惨にもビ・ハンに殺されてしまいますが、

床下に隠された娘がライデンによって助け出されていたことも気になるところです。

 

2021年4月に全米公開を皮切りに、6月に日本でも絶賛上映中です。

 

モータルコンバットシリーズや世界観を既にご存知の方も、

是非とも見てもらいたいアクション大作ですよ。

 

ストーリー自体は大味なので、

ぜひカッコいいアクションを前のめりで楽しんでほしいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!