ペット2の映画は字幕と吹替どっちがオススメ?日本語声優の評価まとめ

映画




いよいよ「ペット2」が公開です!

お子さんと待っていた方もいますよね。

でも、「ペット2」って字幕版吹替版があるよね?

あれ、結局観るならどっちがいいの?

って思いませんか?

 

ここでは、

・映画『ペット2』は吹替、字幕、どっちがおすすめなのか

・どんなふうに観ればより楽しめるの

上記について書いていこうと思います。

映画『ペット2』は吹替と字幕どちらがおすすめなのか

一概には決められないのですが、単純に決めるなら

・1作目の「ペット」を吹替で観ていて声が好き、吹替する人のファン、小さな子どもと一緒なら『吹替版』で観ましょう。

・「ペット」を観たことが無い、本人の声が聞きたい、映画は断然字幕という方なら『字幕版』で観ましょう。

では、詳しく説明していきたいと思います。

 

ペット2はどんな人に吹替版がオススメなの?

下記に該当する方は吹替版の鑑賞が良いと思います。

・吹替する人の声で聞きたい方、もしくはファンである

・小さな子どもと一緒に鑑賞する方(字幕を追えない)

・字幕を追う事がストレスになるという方

・映像を楽しみたい方(字幕だと追うのに集中してしまう)

主人公のマックスの声を担当するのは前作から引き続き「設楽統」さん!

安心しますよね。

設楽さんも「また家族に自慢できます!」と喜んでおられる様子。

 

相棒のデュークの声も担当するのは引き続き「日村勇紀」さん。

ミニオンズでも相方の設楽さんとタッグで出演してますから、息もピッタリでしょうね。

 

マックスデューク飼い主ケイティの声を担当するのは「佐藤栞里」さん。

1作目から3年が経ち、ケイティお母さんになっていたので、母性をどう出すかが心配だったという佐藤さん。

でも、マックスとデューク、息子のリアムの可愛らしさで自然に母性が溢れてしまったと語っています。

 

猫のクロエの声を担当するのも前作から引き続き「永作博美」さん。

「クロエは可愛らしいふくよかさとキレッキレの頭脳。複雑で沢山表情があるので、仲間達との会話が楽しいです」と手応えを感じてらっしゃるようです。

どのような活躍をするのか楽しみですね。

 

小さなお子さんと一緒に観るなら吹替がおすすめですね。

映像に集中できるので見やすいですし、そもそも字幕は追えないですよね。

大人でも「映像を楽しみたい」という方は吹替版がおすすめです。

字幕を追っていると、細かい動きを見逃してしまいますからね。

1作目からペットを吹替で観ていた方は違和感なく吹替版を観ることで楽しめると思います。

 

ペット2で字幕がおすすめな人は?

下記に該当する方は字幕版の鑑賞が良いと思います。

・「ペット」を観たことが無い方

・俳優さん本人の声で観てみたい

・映画の空気感を大事にしたいので断然オリジナルがいい

・小さな子どもがいないのでゆったり観れる

・「ハリソン・フォード」が声を当てている?!それなら字幕でしょ

 

今回、牧場犬のリーダー「ルースター」の声を担当するのが吹き替えに初挑戦の「ハリソン・フォード」。

マックスの成長のカギを握る存在として登場しますから見逃せないですよ。

「ペットを観たことが無い」という方も

ぜひ字幕版を観てみて下さい。

オリジナルの「良さ」を味わえます。

英語に強い方は断然字幕をおすすめします。

あとは小さな子供だと字幕が追えないので、字幕版の方が子供が少ないです。

子供が多い事で煩わしく思ったことがあるなら、字幕版でゆったり観るのが

良いと思います。

 

ペット2はどんなふうに観ればより楽しめるのか

時間もあるので最強に楽しみたい!

そんなあなたには、

字幕版、吹替版、両方観るのをオススメします!

全部観ましょう。

何回も観に行く事で、新しい発見が見つかりますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

字幕版、吹替版、どっちが良いかはその人の状況により変わってくるので絶対ではありません。

参考になったなら嬉しく思います。

では映画館にレッツ・ゴー!

 

小さなお子さんについての関連記事もあります。よろしければどうぞ。

ペット2は子供でも何歳から楽しめる?映画デビューに向いてる内容?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!