映画「ラストレター」は広瀬すずの透明感に魅入られる?小説「美咲」が読みたいと感想も

映画




こんにちは。かみずです。

映画「ラストレター」

公開されてから、ずっと見たかった本作品。

やっと鑑賞できました!

評判どおり、素晴らしい作品でした。

本当に「映画館で見れて良かった~」としみじみと感じる事ができました。

 

さて、鑑賞して僕の印象なのですが、

広瀬すずさんと森七菜さんが本当に素晴らしい表現、演技をされていました。

ちょっと、おじさん年甲斐もなく羨望の眼差しで見てしまいましたよ・・・

・・・気持ち悪いって言わないで(笑)

 

ここでは、

・映画「ラストレター」は広瀬すずの透明感に魅入られるとはどんな演技をしているの?

・ラストレターを見ると小説「美咲」が読みたくなるってなぜ?

・ラストレターで広瀬すずを見た人や小説「美咲」についての評価感想

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「ラストレター」は広瀬すずの透明感に魅入られるとはどんな演技をしているのか

今作品では、広瀬すずさんは二役をされています。

一人が福山雅治さんが演じる「乙坂鏡史郎」が学生時代に恋した女性の「遠野美咲」。

もう一人がその遠野美咲の娘である「鮎美」。

 

二役を演じていますが、本当に見事にそれぞれの役を表現されています。

 

乙坂鏡史郎が恋した遠野美咲は学園のマドンナ

学生時代の乙坂鏡史郎は神木隆之介さんが演じています。

この乙坂くんが美咲の妹(裕里)を通じて姉の事を知り、気になるわけです。

 

風邪でマスクをしている美咲しか見た事がない乙坂くん。

ある時、妹の裕里が姉を紹介する機会が訪れました。

初対面であいさつをする際、裕里が気を利かせて、

「マスクぐらい取りなよ」

そう、自然に美咲のマスクが取られた瞬間!

 

乙坂くんの顔が忘れられません(笑)

 

まさに恋に落ちた瞬間というヤツです!

 

わかる!

すっごいわかるよ!

あの自然で美しい素顔を見たら、もう抜け殻だよね。

おじさんも、年甲斐もなく見とれちゃったもん・・・

 

あの表情、あの雰囲気・・・

もう反則だわ!

 

実は僕、広瀬すずさんについてはそれまで、「かわいらしい少女だなぁ」程度しか思ってなかったんです。

それに、

「世の人は何で広瀬すずに、そこまで注目するんだろう?かわいいけど」

と疑問にもおもっていたわけ!

 

おじさん、この瞬間にやっと気づきました!

 

「これかっ!」

「これが広瀬すずに虜にされるという事かっ!」

 

めっちゃ遅れて、僕は気付いたというわけです。

それからのシーンは、もう美咲の表情が見たくて見たくて、登場シーンを

まだか、まだなのか・・・

と、待っているおじさんがそこにいました(笑)

 

美咲の娘である鮎美の自然体な透明感

乙坂くんが恋した美咲は、いわゆるマドンナ的な存在。

生徒会長でもあり、憧れの人ですよね。

広瀬すずさんが演じるもう一人は、その美咲の娘である鮎美です。

こちらは、母の美咲を亡くした娘という状況です。

 

母の死を受け止めきれていない心に傷を負っている少女。

仏壇にある母からの手紙も怖くて読めない。

そういう心境の少女でした。

 

そんな影のあるちょっと危うさを感じる少女を広瀬すずさんは素晴らしい演技で表現していました。

森七菜さんが演じる従姉妹の颯香とのふれあいが本当に自然で、高校生にしか見えません。

少しお姉ちゃんな鮎美と子供っぽい颯香。

高校生の少女の日常をリアルに表現されていました。

何だか微笑ましく見ていられるというか、キラキラした学生時代を思い出させてくれるようでしたね。

 

そして、鮎美の中に「強さ」という部分も垣間見る事ができて、深みのある物語を感じる事ができました。

大人の乙坂鏡史郎と鮎美が関わるシーンはぜひ見てほしいと思います。

 

ラストレターを見ると小説「美咲」が読みたくなるって何でなのか

本作品では「美咲」という小説が出てきます。

この「美咲」という小説は乙坂鏡史郎が執筆した作品です。

 

小説の題名の通り、美咲に贈るために書いた物語のようです。

どうやら乙坂くんと美咲は大学時代に付き合っていた様子。

この瞬間を物語として綴った内容のようなんです。

今作品では、高校生時代の乙坂くんと美咲の様子を見ることができますが、その後どうなったのかはわかりません。

ですので、その先を綴っているであろう小説「美咲」が読みたくなる。

そういうわけです。

 

 

ラストレターで広瀬すずを見た人や小説「美咲」についての評価感想

ラストレターの実際に見た人の広瀬すずさんや小説「美咲」について感じた事を見てみましょう。

広瀬すずの二役を見た人の評価感想

小説「美咲」に関しての意見

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「映画「ラストレター」は広瀬すずの透明感に魅入られる?小説「美咲」が読みたいと感想も」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作品は大人のラブストーリーです。

美咲の救いとなっていた乙坂の小説。

そして、小説を宝物にしていたと聞いて救われた乙坂。

母を大切に想っていた乙坂と出会い、何かを感じ取った娘の鮎美。

乙坂鏡史郎と鮎美には、どうか幸せな未来が待っていてほしいと願います。

 

あと、小説の「美咲」は読みたいなぁ。

あえて出さない事で、考えさせるという所がまた良いのかもしれませんね。

 

ぜひ気になった方は映画を見ていただきたい。

ロマンチストなおっさんには特にオススメですよ(笑)

 

ラストレターに出演されている森七菜さんが歌うこちらの主題歌も気になりませんか?

映画「ラストレター」は森七菜の主題歌カエルノウタが沁みる?曲の口コミや感想もまとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!