映画「ラストレター」で庵野秀明が松たか子を怒鳴る?出演や配役の意見感想もまとめ

映画




こんにちは。かみずです。

映画「ラストレター」

”手紙”にフォーカスした2世代の男女が織りなす淡く切ないラブストーリーです。

 

豪華俳優さんの起用で話題となっていますが、ポスターや予告動画を観た人の中には、

「あれ?見たことあるけど誰だっけ?」

そう思った方もいませんか?

 

今作品には庵野秀明さんが出演されています。

 

庵野秀明と言えば、エヴァンゲリオンやシンゴジラを手掛けている監督さんですよね。

この庵野秀明監督が他の俳優さんとどう絡んでいるのか?

役者としての庵野さんを見たことが無いので気になりました。

 

ここでは、

・映画「ラストレター」で庵野秀明が松たか子を怒鳴るって何で?どんな関係なの?

・ラストレターに出演する庵野秀明の演技はうまいの?下手なの?

・ラストレターを見た人の庵野秀明に関する意見感想

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「ラストレター」で庵野秀明が松たか子を怒鳴るって何で?どんな関係なのか

庵野秀明が松たか子さんを怒鳴るシーンがこちらです。

今作品ラストレターで庵野秀明さんは松たか子さんの夫の役を演じています。

庵野秀明さんが演じるのは岸辺野宗次郎という漫画家です。

松たか子さんは宗次郎の妻で3人の子供を持つ裕里という女性を演じています。

宗次郎(庵野秀明)は裕里(松たか子)の浮気を疑っている

宗次郎(庵野秀明)は妻の裕里(松たか子)が同窓会に参加後、浮気をしているんじゃないかと疑っています。

 

同窓会後のある日、妻のスマホに、

 

「25年間、ずっと君に恋してます」

 

なんてメーセージを見つけちゃったんですね。

それで、予告動画にあったシーンとなったわけです。

 

旦那さんが、こんなの見つけたらそりゃ怒りますわ(笑)

もし僕がその場面になったら半分怒りながら、

「何なにこれ?めっちゃモテモテじゃ~ん」

って妻をからかいます。

 

でも、やり過ぎるとケンカになりますな・・・

しかし、見なかった事にはできないですね。

心が狭いし臆病なので(笑)

 

それにしても、スマホ水没に反応する松たか子さん可愛くないですか?!

やべぇ。

仕草にやられたわ。

42歳とは思えん!

僕は松たか子さんより年上でもあるのでドストライクなわけです♪

ラストレターに出演する庵野秀明の演技はうまいのか下手なのか

予告動画でも少しわかりますが、結構セリフは棒読みですよね。

演技が上手とはとても言えませんし浮いているようです。

ですが、

 

「けっこう好きだよ」という意見や「可愛くてズルい」という感想も上がっています。

 

中年の面倒くささと愛妻家という感じがうまく表現されているようですよ。

ですので、下手だけど好印象という評価になるのかな・・・

うまい配役と評価している人もいます。

 

 

ラストレター出演の庵野秀明に関する意見感想

庵野秀明の出演に驚いている声など

CMやポスターを見て庵野監督に二度見したという声がけっこうあります。

あんまり表で見る顔じゃないので、驚きますよね。

 

あとは、豪華俳優さんと肩を並べているという事に違和感だったり、ある意味面白いと微笑んでしまったという感想もあります。

庵野さんやっぱり存在感ありますからね。

庵野秀明の演技を見た人の声

「演技力は皆無」という厳しい意見から「良い味が出てる」という声まで幅広い感想が出ています。

「面倒くさい中年だけど妻を愛しているのが伝わって何だか可愛い」という意見も少なくないです。

そういう意味ではちょっとズルい役とも言えそうですね。

庵野秀明へその他の声

「演技なんてしとらんど、はよエヴァを出さんかい!」という意見がいっぱいです(笑)

僕も激しく同意します。

まあ、息抜きにそういう刺激も必要という事で。

エヴァもウルトラマンも期待してますよ!監督!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「映画「ラストレター」で庵野秀明が松たか子を怒鳴る?出演や配役の意見感想もまとめ」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作品では庵野監督と松たか子さんが絡むという、もう見れないであろう配役となっています。

 

庵野秀明さんがどのような演技をしているのか?

主役の松たか子さんに関係する役なので、けっこう位置的には重要な人物とも言えると思います。

ぜひ劇場で役者としての庵野監督にも注目してみてくださいね。

 

福山さんに関してこちらの記事は気になりませんか?

映画「ラストレター」は福山雅治だから許される?配役間違えると即通報レベルでやばいって何?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!