映画「異端の鳥」は退場者続出ってなぜ?でもラストまで見れると救いがある結末に感動できる?

映画




映画「異端の鳥」

「異端の鳥」は2019年制作のチェコ・ウクライナのホロコーストを描いた戦争もの作品です。

 

残虐なシーンの連続で、ヴェネチア国際映画祭での上映時には、耐えられず途中退出者が続出したという話題作にして問題作。

日本では2020年10月9日に公開予定です。

 

原作はポーランドのホロコーストの生き残りである作家イェジー・コシンスキによる小説です。

自伝小説と言われていましたが、後にそれは嘘で、創作部分が多い作品であることが明らかになりました。

 

また、ポーランドではあまりに残虐な描写が多いことから“発禁書”に指定されたという問題作です。

 

描写が残虐すぎて、

“原作の小説は「発禁書」に指定された”

“ヴェネチア国際映画祭では途中退出者が続出した”

という情報を目にしてしまうと、

 

“自分は最後まで観られるのか”

“残虐なだけの作品なの?作中やラストに希望や光はないの?”

 

と気になりませんか?

 

ここでは、

・映画「異端の鳥」は途中退場者が多いのは何で?

・「異端の鳥」はどんな人なら最後まで見れるの?見れないのはどんな人なの?

・映画「異端の鳥」は主人公が逞しく生きる姿が美しい?ラストの光が指す結末に希望が見える?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「異端の鳥」は途中退場者が多いのは何でなのか?

 

映画「異端の鳥」は途中退場者が多いのはなぜなのか?

結論から言うと、

『具体的な残虐なシーンに加え、少年の置かれた過酷な状況に居たたまれなくなるから』と言えます。

 

まず、「異端の鳥」にはありとあらゆる残虐で、目を覆いたくなる描写が続出します。

 

具体的には、虐殺・拷問・リンチ・レイプ・獣姦・小児性愛など、

 

先行上映鑑賞のレビューなどを見ても、かなり残虐で人によっては見るに堪えない描写が連続するとのこと。

 

さらに、具体的な残虐な描写だけでなく、

その残虐で過酷な状況自体に大きなショックを受けるというのが“戦争もの”の作品の特徴とも言えます。

 

「異端の鳥」の主人公はユダヤ人の少年なのですが、

幼い少年が陥った残虐で過酷な状況に耐えられず、途中退出した方が多かったと考えられます。

 

 

 

「異端の鳥」はどんな人なら最後まで見れるの?見れないのはどんな人なの?

「異端の島」を最後まで見られるか、見られないかの境界線は、

『“戦争もの作品”に対する耐性があるか、ないか』

の違いにあると言えます。

 

残虐な描写が多いという情報から、

流血・内臓系・死体などのいわゆる『グロい描写』に対する耐性が必要かと思われる方も多いかと思いますが、

個人的にはそこはあまり関係がないのではと考えています。

 

もちろん、R15+指定に指定されている作品ですし、

“グロい”シーンへの耐性がまったく必要ないとは言えません。

 

ですが、重要なポイントは

 

虐殺・拷問・リンチ・レイプ・獣姦・小児性愛などの人間悪に耐えられるか。

 

その人間悪に次から次へと襲われる少年の過酷な状況に耐えられるかにあると言えます。

 

はじめに『“戦争もの作品”に対する耐性があるか、ないか』と述べましたが、

戦争という特殊な状況下では人間悪は必要以上に膨れ上がり、

戦争もの作品ではその人間悪の描写が色濃くなるということ、

そして今作品も戦争もの作品であることを踏まえ“戦争もの作品”と限定して書かせて頂きました。

映画「異端の鳥」は主人公が逞しく生きる姿が美しい?ラストの光が指す結末に希望が見える?

 

残虐で光のない真っ暗な闇の中をもがき続けるような作品ですが、

最後の最後には僅かな希望・光・救いのあるシーンが待っているようです。

 

その、光は僅かなものでほんの一筋の光程度の希望のように映るかもしれませんし、

 

 

それがハッピーエンドだと言えるようなものではありません。

しかし、それまでの真っ暗で深い暗闇との対比で、際立ち、見る人に確かな希望を与えるような描写になっています。

 

重要なラストシーンなので具体的にどういうシーンなのかは伏せますね。

ぜひ劇場にその光を見いだしに行ってみて下さい。

異端の鳥が最後まで見れない事やラストについてネットでの意見や評判

予告動画を見た人は、

「残酷すして見れる気がしない」

という方も多いですが、

 

「しんどそうだけど、見なければならない気がする」

という心境になった方もたくさんいますね。

 

戦争の現実や人の残虐性が描かれているので覚悟が必要ですが、

今作品を受け入れて考えてみたいという方もいらっしゃいます。

 

辛い描写がかなり多く、ラストまではかなり厳しいですが、

それだけに見応えはあると思います。

 

僕も時間を作って、見に行きたいと思います。

でも、主人公の男の子が理不尽に辛い目にあう描写が3時間も続くなんて・・・。

息子を持つおっさんの僕に耐えられるだろうか・・・。

 

僅かなラストの希望というのに期待します。

ズドーンと落とされたまま家路につくのはイヤ!

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「異端の鳥」は退場者続出ってなぜ?でもラストまで見れると救いがある結末に感動できる?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

残虐なシーンの続出で、そこばかりがピックアップされている作品ですが、

最後のはしっかりと希望を示した作品になっているようですね。

視聴には覚悟が必要な作品ではありますが、気になる方はぜひ劇場に足を運んでみてください。

 

「異端の鳥」は子どもでも見れるのものなの?制限や対象年齢について気になりませんか?

映画「異端の鳥」は残酷でグロいので年齢制限ある?辛いし酷いので子供は見れないのか対象年齢も解説

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る