映画「若おかみは小学生」は泣けるし衝撃?涙腺崩壊で辛いし重たいは本当?

映画




映画「若おかみは小学生」は冒頭から衝撃的?!涙腺崩壊しっぱなし辛すぎる?

 

こんにちは。かみずです。

映画「若おかみは小学生」が地上波放送となりました。

 

本作品の存在を知らなかった僕なのですが、調べてみると評判が凄まじく良いじゃないですか?!

 

すっごく気になったわけです。

 

テレビ放送はされるのですが、少し先になるので、

「うーん、どうしよう・・・、気になるなぁ・・・」

そう、モンモンと時間が過ぎていき、

 

「いや!、もう我慢できん!。見てしまおう!」

 

ということで、子供たちの邪魔が入らない朝の4時から起きて視聴しました。

 

そして、

 

早朝から、衝撃?!に続き、ずっと色んな汁が出まくりながらメガネを付けたり外したりする時間となったわけです。

 

ここでは、

・映画「若おかみは小学生」は冒頭から衝撃的でつらいってどんなシーンなの?

・泣けるし号泣する物語だけど感動できる後味の良い作品なの?

・辛くて泣けるけどそれだけじゃないというネットでの評価感想

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「若おかみは小学生」は冒頭から衝撃的でつらいってどんなシーンなのか

 

始めに言っておきますと、僕はあらすじについては調べずに視聴を開始しました。

予備知識はほとんど無い状態です。

ですので、「若おかみは小学生」という、”ほんわかしたタイトル”何の心の準備も無いまま見始めます。

 

 

結論から言います。

 

冒頭の 約3分 過ぎに出た僕の言葉は、

 

 

「・・・マジか(唖然)・・・」

 

でした。

 

子供を持つ我が身としては、非常に悩ましくなんとも言えないスタートとなりました。

 

そこに至るまでの約3分・・・。

少しずつ親子の会話と展開していく映像に、

「何だか、ちょっと胸騒ぎが・・・」

と、モヤモヤ、ザワザワしていった矢先に・・・。

 

一気に心を持っていかれた瞬間でした。

 

シーンとしては、とても短いのですが、

かなり衝撃は強く辛いと感じる方は多いと思います。

 

 

 

泣けるし号泣する物語だけど感動できる後味の良い作品なの?

記事の冒頭でも書きましたが、

映画「若おかみは小学生」は、

 

「最初から最後まで、涙なしには見れません!」

 

号泣必死です!

 

タオルを用意してください!

 

あと、一緒に見る人も選びましょう。

色んな液体が出てしまいます!

それを見せても良い仲の人と一緒に見て下さい。

 

僕が素直に見た感想は、

 

「宮崎アニメが大好きなあなたには、絶対に外せない作品だ!」

という事です。

 

ずっと物語に引き込まれ、感情が揺れに揺れ、ラストの展開にも唸らされます。

 

 

この作品を見た人の多くが発信しています。

「どうやったらこの作品を見てくれるんだろう。

お願いだから見て!」

 

この言葉を発している方たちの気持ちが凄くわかります。

 

「見てほしい」

「そして感じてほしい」

 

色々な魅力の詰まった、素晴らしい物語です。

 

でも、タイトルとは裏腹にかなり重たい事実を突きつけられます。

 

ですが、それだけじゃない!

 

それだけで終わる映画じゃないんですよ!

 

出てくるキャラクターがみんな魅力に溢れています。

 

『主人公の少女が何を感じ、どう考え、何を選択するのか?』

 

それを見た人は正直、モヤモヤするかもしれません・・・。

 

 

ですが、ぜひ家族で見てほしい。

そんな映画です。

 

なぜ、僕はこの作品に今まで出会わなかったんだろう・・・。

不思議すぎます。

 

劇場版「若おかみは小学生」を見た大人の評価感想

今作品を見た人は、号泣したという方が本当に多いです。

いや、間違いなく涙なしには見られない映画でしょう。

 

僕もここ数年で、ここまで感情を持っていかれた映画は久しぶりです。

しかもアニメ作品ですからね。

 

映画館で見た人は大変だったでしょうね。

特に女性はメイクがやばい事になるんじゃないかな。

僕も劇場で見たなら、もうエンドロールが終わって涙を引かせてからじゃないと咳を立てないと思います。

余韻も凄まじいですからね。

 

あと、映画館は「一人で見て良かった」という意見もかなりあります。

よーくわかりますよ。

おっさんが号泣してたら、かなり引かれてしまうかもしれないですもんね。

親しい人と一緒に見てくださいね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「若おかみは小学生」は泣けるし衝撃?涙腺崩壊で辛いし重たいは本当?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

映画「若おかみは小学生」は涙腺が緩みに緩む泣かされる作品です。

内容も重たいです。

小学生に背負わせる運命としては、神様に祈らずにはいられないほど厳しいです。

 

うちの娘と重ねたら・・・。

 

あぁ、もうダメ!。

考えられない!

 

でも、それでも前に進んでいく主人公みたいに強く生きてほしいとも思えます。

 

宮崎アニメをこよなく愛する人は絶対に見逃さないで!

というか、これを読んで気になったあなたは、今時間が空いてるならすぐに見て!

絶対、時間の使い方に損はありません。

そう断言できる作品です。

 

くどいですが、重たいシーンも多いです。

 

ですが、それだけじゃない!

それだけじゃない素晴らしい傑作です。

 

ぜひ、あなたにも「出会えてよかった」と思ってもらえたなら凄く嬉しく思います。

 

こちらの関連記事もいかがですか?

映画「若おかみは小学生」は傑作だけど価値観は嫌い?なぜ批判があるの?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

ホームへ戻る