東京ラブストーリーが再ドラマ化するけど「すれ違い」は表現できるの?疑問の声もまとめ

ドラマ




織田裕二・鈴木保奈美出演の大ヒットドラマ

「東京ラブストーリー」が、29年ぶりに復活すると話題になっています。

 

優柔不断だけど優しい永尾完治を

「今日から俺は!!」のツンツン頭の不良役で話題になった伊藤健太郎さん。

 

明るく自由奔放な赤名リカを、映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」で

多くの新人賞を獲得した石橋静河さん。

 

女たらしの医学生・三上健一を

連続テレビ小説「なつぞら」で大ブレイクした清原翔さん。

 

完治の想い人・関口さとみをE-girlsのパフォーマーとしてだけでなく

女優としても活動されている石井杏奈さん。

 

今注目の若手俳優が勢ぞろいしています!。

 

新たな豪華キャストを迎えてリメイクされることに期待が高まりますよね。

 

しかしその一方で、

「携帯がないあの時代だからこそ共感、感動を呼んだ」

「スマホのある時代に待ち合わせ場所ですれ違いとかってあり得ないのに、どうやって処理するの?」

 

といった、今の時代で再ドラマ化することに疑問の声も出ています。

 

ここでは

・東京ラブストーリーの「すれ違い」の表現方法

・東京ラブストーリー2020の「すれ違い」はどう表現するのか

・東京ラブストーリーの「すれ違い」に関する意見

について触れていきたいと思います。

 

 

東京ラブストーリーでは「すれ違い」をどのように表現していたの?

 

スマホの普及で、待ち合わせにも、目的地までたどり着くことにも、何もかもが不自由なく行えている今の時代。

だからこそ、「携帯がないが故の不便さ」はなかなか想像がつきません。

では、携帯電話がなかった当時ならではで起きていた「すれ違い」を、どのように表現していたのでしょうか。

 

例えば、連絡先の交換。

今だとLINEが主流ですよね。

QRコードを読み取る・IDや電話番号を教えてもらって入力する・お互いの携帯を振る…など、手軽にすぐに交換することができます。

携帯があるから家の固定電話でやり取りするなんてこともほとんどないし、固定電話すら置いていない家もあります。

 

しかし、東京ラブストーリーの時代では、もちろんLINEなんてありません。

携帯すら普及されていない。

 

そうなると、「自宅の固定電話の番号を伝える」ことになるわけです。

そして番号を伝える手段として「手書きしたメモ」を渡していました。

 

ドラマ内でも、カンチが想いを寄せている関口さとみと連絡先を交換したリカは、

それをカンチに渡すシーンがありますが、カンチはリカの番号だと思い込んでしまいます。

 

番号だけだと、そう思いますよね(笑)

手書きの場合、ちゃんと書かないとそういう勘違いが生まれてしまっていました。

 

あとは、いつでも自由に連絡が取れない。

意中の相手が仕事で遠くに行っていたり、旅行に行っていても、今ならすぐ連絡が取れますよね。

会えない間に募る寂しさを、少しでもなくすことができます。

 

ところが、この現代ではそうはいきません。

リカが出張に行くというシーンがあるのですが、その前日にリカと喧嘩してしまったカンチは、連絡を取って話すことができず、会えない時間が長くなればなるほど思いを募らせていくというシーンがあります。

また、リカがカンチに公衆電話から電話をしても、カンチはさとみと電話中で繋がらなくて、それっきりになってしまうシーンもありました。

今だったら、連絡する前に相手の都合を聞くことができるし、通話中の着信履歴を残せるオプションをつけることで解決できます。

こういったすれ違いや勘違いに、当時ヤキモキしながら見ていた視聴者も多いと思います。

 

しかしそこが、このドラマに夢中になった大きな理由なんですよね^^

 

再ドラマはスマホのある現代で「すれ違い」をどう表現するのか個人的意見

スマホのある現代でどうすれ違いを表現するのか。

ここが、現代版を作る上で一番重要です。

 

考えられるとしたら、出先が圏外だから繋がらなくて連絡が取れないとか、携帯が故障してしまうとか、たまたま落としてしまうとか、充電が切れてしまうとかでしょうか。

でもそんなに何回も使えるネタじゃないしなぁ。

あとはLINEの未読スルーですかね。
あれは確かにヤキモキすると思うので。

…こうやって書き出してみると、やっぱりスマホがある現代だと厳しいなとつくづく思います(笑)

もしかしたら、すれ違いなく普通に男女の恋愛模様を描く可能性もありますよね…。

 

 

東京ラブストーリー2020で「すれ違い」に関する意見

やっぱり同じことを思っている人はいますね。
あのすれ違いは全部、携帯があれば解決できてしまうから…。

 

これはありそう!目に浮かぶ!
匂わせ女はある意味流行ってますからね(笑)

 

不安視する声が多い中、どうやって描くのか楽しみにしている方も!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『東京ラブストーリーが再ドラマ化するけど「すれ違い」は表現できるの?疑問の声もまとめ』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

現代でもすれ違いを表現できる方法は確かにありますが、どうしても比べられるだろうし、苦戦しそうですね。

だから地上波じゃなくて、動画配信という形を取ったのかもしれません。

テレビを見る人も少なくなっているし。

 

でも、せっかく旬の俳優さんたちを揃えてまた新たに作るのだから、昔とはまた違った魅力を出していってほしいですよね。

当時を知らない方は普通に恋愛ドラマとして面白いなと感じられるような、知っている方は「これはこれでアリかも」と思えるような、

どんな世代が見ても楽しめるドラマになるといいなと思います。

 

「かんちー!」の東京ラブストーリー最新ドラマはいつからか気になりませんか?

東京ラブストーリー2020の放送はいつ何時から?再ドラマ化は必要なのか意見もまとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!