映画ヘルボーイ2019は上映館が少ない理由は?なぜアメコミなのに人気無いのか解説

映画




こんにちは。かみずです。

映画「ヘルボーイ」

アメリカ人気コミック最映画化された作品です。

過去に2作品が公開され、今作が3作目となる本作。

「ストレンジャー・シングス」デヴィッド・ハーバーが主演し、「バイオハザード」ミラ・ジョヴォヴィッチが出演するアメコミ最強を謳う映画ヘルボーイ

なのですが、なぜか上映する映画館が少ないようなんです。

ここでは、

・映画ヘルボーイ(2019)の上映館が少ないことについて

・何で上映館が少ないの?

・映画ヘルボーイはアメコミ原作なのに映画の人気無いのは?

について触れていきたいと思います。

映画ヘルボーイ(2019)の上映館が少ないことについて

映画ヘルボーイなのですが、上映する映画館がかなり少ないです。

 

現在公開中の「アド・アストラ」と比較するとよくわかります。

 

映画「アド・アストラ」の上映館は現在、約355館あります。

それに対して映画ヘルボーイが予定している上映館は約76館

ほぼ5分の1と極端に少ないです。

 

ヘルボーイ2019上映する映画館が少ない理由

上記で述べました通り、なぜ上映館が少ないのでしょう?

 

初代のヘルボーイは興行収入9940万ドル

続編のヘルボーイ-ゴールデン・アーミー-では興行収入1億6000万ドル

 

前作の2作品は成功を収めていました。

 

今回のヘルボーイ2019はどうなのか?

 

アメリカでの公開では制作費の回収すら難しいという評価になっていました。

 

公開直後は同時期に公開された作品の中でも3位という滑り出しで、けっして悪くはなかったのです。

しかし、その後の興行収入は伸びず5週間後では2190万ドルという結果だったようです。

 

過去作品と比較してもかなり低いという結果。

 

これが、日本でも上映館が少ない事の要因となっているようですね。

 

映画ヘルボーイはアメコミ原作なのに映画の人気無いのは?

海外での興行収入が伸びず上映館が少ないという事は人気が無いという事でしょうか?

観た人の感想や評価を見てみましょう

 

映画ヘルボーイの評価や感想

試写会を観た方の感想は評価として低いものは少ないです。

むしろ、面白かったという意見が多いですね。

サウナ試写会?!というものも開催されたようで、少し変わったイベントもあったようで楽しめた人は多いみたいです。

 

まとめ:ヘルボーイを観る前に映画館の上映チェックを!

いかがでしたでしょうか?

「映画ヘルボーイ2019は何で上映する映画館が少ない?アメコミ最強なのになぜなのか解説」でした。

少しでも参考にして頂けたら嬉しく思います。

 

前作が好きな人は楽しみにしている作品ですよね。

上映館が少ないので、映画について心配な人もいるかもしれません。

ですが、感想を見ても楽しめている人が多いので、ぜひその目で確認してみて下さい。

ぜひ、映画ヘルボーイが気になる方は最寄りの映画館で上映しているかチェックして下さいね。

 

こちらの関連記事もぜひいかがですか?

ヘルボーイ2019の新作になぜ吹き替え版が無いの? でも意外に面白いと評判が?!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!