ダンスウィズミーは何歳から楽しめる?対象年齢や子供が観てもわかる内容か解説

映画




映画ダンスウィズミー!

「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」を手掛けた矢口史靖監督によるミュージカルコメディです。

お子さんと一緒に観る事を考えている方もいるのではないでしょうか?

でも、「子供にミュージカルはまだ早いかな?」と気になっていませんか?

僕にも子供(3歳と5歳)がいますので、ミュージカルってどんなものかな?!と、とても気になります。

ここでは、

・対象年齢は何歳くらいからなのか?

・ミュージカルの歌や内容は子供でも楽しめるものなのか?

・子供と観に行くべき映画なのか?

について触れていきたいと思います。

ダンスウィズミーの対象年齢は何歳くらいからなのか

今回の作品ダンスウィズミー

元々、矢口監督ミュージカルについて「何で急に歌い出すの?踊り始めるの?」抵抗感があったそうです。

まあ、ミュージカルっていきなり急展開しますもんね。

同感です!

そんな時、矢口監督『ラ・ラ・ランド』を観て衝撃を受けたそうです。

「普通に生活している人が突然歌い出すって変ですよね? だからミュージカル映画を観ない人がいるのはよくわかります。誰もが『どうして急に歌って踊るの?!』という疑問に答える映画が作りたくなったんです。」

矢口監督はこのようにコメントしており、「ミュージカルが好きな人はもちろんですが、苦手な人にこそ観てもらいたい」と語っています。

では、ダンスウィズミーは何歳くらいからが良いでしょう。

子供は個人差が大きいので一概には言えませんが、僕は『小学生になってから』が良いと考えます。

小学校高学年なら十分に楽しめると思います。

「歌や踊りが大好き」というお子さんならば、小学校低学年からでもいけるかな?!

ただ、楽曲が子供には初めて聴く曲が多くなると思うので、そこでお子さんがどのくらい関心を持って観られるかという所ですね。

うちの娘(もうすぐ4歳)も歌や踊りは大好きなのですが、「アナと雪の女王」を観ても歌や踊り部分は大喜びなのですが、お話の部分はまだ集中できないんですよね。

公開後に子供に関する情報があれば更新して行きたいと思います。

 

ダンスウィズミーの歌や内容は子供でも楽しめるのか

歌、踊り、催眠術と子供には気になる場面がたくさんあります。

ひたすらに楽しさを押し出した作品なので、理解力があれあば十分に楽しめると思います。

小学生のお子さんと観て、こんな感想がありました。

子供には馴染みの無い曲でも、気に入ったなら口ずさんで帰るほどに楽しめるようですね。

「お子さんと行くのをどうしようかな」と考えていた方も、少し安心するんじゃないでしょうか。

 

ダンスウィズミーは子供と観に行くべき映画なのか

小学校高学年ぐらいからで、「一緒に楽しい時間を子供と共有したい」と思える方は観に行くのはいかがでしょうか?

特に教育上よろしくないという極端な内容は無いと思われるので安心できると思います。

ただ、幼児にはまだ早いと思います。

小さなお子さんにはディズニー「アナと雪の女王」「ANNIE/アニー」などを楽しんで集中して観られるようになってからがいいと思います。

 

小さなお子さんにはこちらの映画はいかがですか?

ライオンキング実写化は子供でも何歳から楽しめる?映画デビューに向いてる内容かどうか

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ダンスウィズミーは何歳から楽しめる?対象年齢や子供が観てもわかる内容か解説」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

お子さんがもう大きいなら楽しめる映画だと思います。

まだ小さいならよく考えてみて下さいね。

 

主役の女優さんについて知りたくないですか?

ダンスウィズミーで主演の三吉彩花は歌うまい下手?口コミや評価について

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!