惡の華の映画は子供でも観れるの?R指定などの年齢制限や対象年齢についてまとめ

映画




こんにちは。かみずです。

映画「惡の華」

漫画で連載された話題作の実写映画化です。

 

この「惡の華」

過激なストーリーで強烈なインパクトがある作品として人気です。

 

10代の若者には「禁断のバイブル」とでも言いましょうか・・・

 

面白いと思います。

面白いと思いますが、子を持つ親としては複雑な映画になるのではないでしょうか?

ここでは、

・惡の華にR指定などの年齢制限はあるの?

・惡の華の対象年齢はいくつぐらいからがいいの?

・子を持つ親御さんの意見は?

について触れていきたいと思います。

 

実写 惡の華にR指定などの年齢制限はあるのか

実写映画「惡の華」「PG12指定」となっています。

12歳未満のお子さんが観るには、なるべく保護者の同席が望ましい映画です。

 

惡の華の対象年齢はいくつぐらいからがいいのか

「PG12指定」となっていますので、12歳未満には保護者の同席が望ましいという制限があります。

惡の華の根幹ともいえる刺激的なストーリー登場人物の発言、奇怪ともとれる行動の事を考えると個人的には

「中学生以上からの閲覧が良いのではないか」と考えます。

もし、小学生のお子さんと親が一緒に観る事を考えますと、お子さんへの説明はなかなか難しいのではないでしょうか?

仮にもし僕が小学生になった息子と一緒に観たとしますと、場面によっては説明できないと思えます。

性的なシーンは気まずいですしね。

ですので、中学生、もしくはそれに近い年齢になり、暴力表現や性的表現に耐性が付いて物事の判断がある程度できるようになってから、興味があるなら観ればいいと考えます。

あえて、小学生のうちから観せるという事は避けると思います。

子を持つ親御さんの意見など

年齢がわからない発言もありますが、中学生以上のお子さんに「ぜひ観に行ってほしい。そして感想を聞きたい」という意見が多いです。

少しびっくりしました。

あとは、一緒に子供と観に行こうと考えていて、少し不安という意見もありますね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「映画 惡の華は子供に見せてもいい?R指定などの年齢制限や対象年齢についてまとめ」についてでした。

少しでも参考にして頂けたら嬉しく思います。

この作品はPG12指定なので、12歳未満のお子さんが観るにあたり、親の同席を勧めます

作品を観たお子さんに必要な助言や説明が必要になるかもしれません。

衝撃的なストーリーですし、俳優さんの演技も評判がいいので、それぐらいぶっ飛んだ役に力を入れているという事になります。

親としてはよく考える必要がありますね。

もし、お子さんが「どうしても観たい」と言っていたら、家での鑑賞でもいいかもしれません。

家のテレビでしたら映画館程の迫力は抑えられますし、なんとなく嫌がる様子があったらすぐに消せますしね。

アニメ版になりますが、U-NEXTという動画配信サービス惡の華を観ることができます。

(登録時にもらえる600円のポイントで閲覧できます)

無料のお試し期間があるので、試してみるのに丁度いいと思います。

そんな方はぜひ下記の「U-NEXT」をチェックしてみて下さい。

※観たい動画の配信状況を確認してから登録して下さいね。

31日間のお試しができますが、注意するポイントがあります。

それは、お試し期間がまだまだあると思っていると、わりと早く時間が過ぎてしまうという事です。

ずぼらな僕はよくあるんですよ。

気がついたら31日間が終了していて、月額料金が発生してしまう事が。

ですので、観たい作品が観終わって、お試しのまま終了したい場合は「2週間ぐらい」で解約するのが確実です。

 

では皆さん楽しんで下さいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!